ノートパソコンのハードディスク交換修理

  1. パソコン修理・データ復旧
  2. ハードディスク交換・HDD交換
  3. ノートパソコン

ノートパソコンの修理 ハードディスク交換サービス

ノートパソコンに内蔵されているHDD

ノートパソコンのハードディスクは一般的に2.5インチのHDDが搭載されています。
昔はPATA(IDE)タイプのHDD現在はSATAタイプのHDD。
現在最も多くハードディスク交換修理を承っているノートパソコンは2.5インチSATA HDD搭載のパソコンです。
OSとしてはWindows 10やWindows 8やWindows 7のノートパソコン修理が多いです。

近年のノートパソコンではHDD以外にも色々なストレージがありメモリをディスクドライブのように扱えるSSD(ソリッドステートドライブ)やフラッシュメモリ(小さい容量のSSD)が内蔵されたハイブリッドHDD(SSHD)などが搭載されている機種もあります。

SSDでは2.5インチのHDDと同等のサイズ以外に基板やチップがむき出しになっているmSATAタイプやM.2規格のSSDなどもありこのような薄い基板タイプのSSDは主に薄型のノートパソコンに採用されている内蔵ストレージになっています。

SATAタイプの2.5インチHDDが搭載されているノートパソコンは基本的にHDD交換以外にハイブリッドHDDやSSDへ交換する事もできます。
HDDの故障で修理の際にご希望あればご案内しますのでその旨お知らせください。

その他のノートパソコンでは1.8インチHDDのIDE ZIFタイプやMicro SATAなどもあります。

ノートパソコンの修理でハードディスクを交換する際には、まず最低限どのタイプのHDDが搭載されているか把握する必要があります。

故障でハードディスクを交換する際の考え方

ハードディスクが故障したノートパソコンの修理はハードディスクを修理するものではなく新しい正常なハードディスクへ交換してWindowsを導入してWindowsが起動・使用できるよう修理するものとなります。
メーカーでもどこでも同じですがハードディスク自体を修理して故障直前の状態へ復活させるものではございません。

メーカー修理よりHDD交換費用が安い

メーカーでハードディスクが故障したパソコンを修理すると高額な修理代がかかりますが当店では格安にてノートパソコンのハードディスク交換修理を承っております。
お気軽にご相談ください。

こちらではハードディスク交換サービスで行っているノートパソコンのハードディスク交換修理の流れをご案内致します。

東芝のノートパソコン

修理するノートパソコン

今回は東芝製ノートパソコン dynabook AZ85/VG (型番 PAZ85VG-BJA) Windows10搭載のハードディスクを交換します。
SATAタイプ1TBのハイブリッドHDDが搭載されています。

ノートパソコンの状態・症状のチェック

No bootable device

故障後の画面表示(エラーメッセージ)

No bootable device.
Please chack if the Boot Mode is correct in the BIOS settings.
The BIOS settings menu is launched by pressing the [F2] key after you reboot.

故障の経緯

こちらのパソコンは誤って物にぶつけてしまってそれからWindowsが立ち上がらなくなったそうでお客様の方で色々調べてスタートアップ修復やセーフモードでの起動を試みたりコマンドプロントからの修復やWindows10の初期化やシステムイメージでシステムの回復を試したりしたが失敗して東芝のメーカーへパソコンの修理を問合せしたが修理費用が高く安く直してくれるお店がないかと当店へご相談いただきハードディスク交換修理を承ったものです。

物にぶつけたり落下させてハードディスクが故障してしまうと言うのは持ち運べるノートパソコンではありがちな故障です。
ハードディスクが物理的に壊れてしまったパソコンはソフト的な修復を行っても直るものではございません。
パソコンを修理する場合は故障したハードディスクを正常なハードディスクへ交換して修理するようになります。

状態の推測

色々試したと言う事は最初からNo bootable deviceで止まっていたのではないと推測されます。
恐らく試すうちにwindowsの起動に関わるデータが消えてハードディスクがブートデバイスでなくなってしまったかハードディスクのコンディションが悪化してそのようになってしまったのではないかと推測されます。

この英語のメッセージを簡単に言い換えると起動可能なデバイスが無いのでF2キーを押してBIOS設定メニューを表示させてブートモードが正しいか確認してくれと言うものです。
BIOS画面を表示させてみましたがHDDは認識されていました。
No bootable deviceはHDDが認識しない故障である場合が多いですがHDDが認識している状態であっても表示される場合があります。

HDD交換前に故障の確認

まず本当にHDDが故障していて交換を要するのか確認しなければなりません。
故障の確認方法は様々です。
動作音・ヘッドの音や回転音で故障かどうか判るものは判ります。
次にBIOSでHDDが認識しているかどうかです。
認識していない場合は例外を除きHDDの故障です。

あとはHDDのSMART値での判断です。
BIOSでSMARTエラーが表示されているパソコンはHDDの故障ですので交換です。
ノートパソコンによってはSMARTエラーが発生していてもBIOSで表示されないパソコンもあります。
HDDのSMART値を確認して閾値を下回っているかどうか確認します。

HDDが認識している場合のその他の故障確認方法としては、HDD内部のセクタに異常・損傷(不良セクタ)があるかどうかです。
HDDの診断ツールを利用してHDDの状態を確認していく形になります。
ノートパソコンなどで分解が大変な機種はそのパソコン上でHDDの異常を検査・確認するようになります。
診断プログラムで異常判定の場合は要HDD交換です。

今回の場合はHDDが認識していましたので内部のSMART値を確認。
代替処理済みセクタや代替処理保留中のセクタが多数発生していましたがまだ警告を発するまでにはなっていませんでした。
よって診断ツールでセクタを検査。
前半セクタから多数の損傷が確認出来ました。
全て検査することなくその時点で充分なHDDの故障で修理には交換が必要です。
やはりノートパソコンをぶつけた事による影響でHDD内部のデータ記憶面であるプラッタに傷が入り不良セクタが多発したのかと推測されます。
ハードディスクの故障が判りましたのでパソコンを修理する為、HDDの交換作業に入ります。

ハードディスク交換作業開始

ノートパソコン分解

まずハードディスクを交換する為にノートパソコンの分解です。
ノートパソコンの作りによってハードディスクが取り付けられている場所も様々です。
修理する際は、まずどこにHDDが収まっていてどのようにすれば取り外せるのか把握する必要があります。

今回のノートパソコンの場合はバッテリーを外して裏のケースを取り外します。
ネジやメモリーのカバーや光学ドライブなどハードディスクを交換する為に必要な部分を外して行きます。
主要な部分を外したらケースのツメを破損させないよう慎重に裏面のカバーを外して行きます。

ノートパソコンの内部写真

カバーを外すとハードディスクが見えました。
写真の右上に写っているのがハイブリッドHDD(SSHD)です。
このパーツを正常な部品に取り替えることで機械的には直ります。

故障しているHDD

これが壊れているハードディスクです。
ゴムの押さえを外してスライドさせマザーボード上のSATAコネクタ部から切り離します。
ノートパソコンによってはハードディスクをマウント金具でネジ固定しているものやフレキシブルケーブルのHDDコネクタで接続されている機種などパソコンにより様々です。
今回のノートパソコンには東芝製ハイブリッドHDD 2.5インチ(MQ02ABD100H)が搭載されていました。

HDD交換完了

今回はシーゲート製の1TBハイブリッドHDDと交換します。
ハードディスクを覆っているマウントカバーを外して新しいハードディスクを装着します。
スライドさせマザーボード側のSATAコネクタに接続。
外れないようゴム足も嵌め込んで外れないよう固定します。

尚、ノートパソコンによっては元のHDDより大きい容量のハードディスクを取り付ける事も可能です。
これは一般的にメーカー修理ではやっていないサービスです。
修理の際にHDDの容量をアップされるお客様もいらっしゃいますので希望がありましたらその旨お知らせください。

ノートパソコンの組み戻し完了

HDDの取り付けが完了したら分解作業と逆の作業でノートパソコンを組み戻して行きます。
裏面のカバーを取付けて外したネジをドライバーで閉めて光学ドライブも嵌め込んでメモリーカバーも蓋を閉めてネジ止めしてバッテリーも装着すれば組み戻し完了です。
ACアダプタを接続し電源を入れてBIOS画面でHDDの認識が確認できれば一先ずハードウェアの修理は完了となります。

しかしこれだけではWindows 10は起動しません。
新しいHDDには何もデータが入っていませんのでWindowsも入っていません。
よってHDDを交換しただけではWindowsが使用できないのです。
ソフトウェアの修理もしなければノートパソコンでWindows10起動させる事はできません。

リカバリインストール開始

HDD交換後のリカバリインストール

今回はリカバリディスク(複数枚のDVD-R)を使用してリカバリインストールで工場出荷時相当のWindows10環境を導入・復元していきます。
リカバリディスクからリカバリプログラムをブートさせて画面の指示にしたがい進めていきます。
復元方法でTOSHIBA Recovery Wizardを選択してリカバリ(再インストール)の開始です。
実行するとデータは削除され初期化されますと警告が表示されますがHDDには何もデータが入っていませんので気にする必要はありません。

尚、Windows10の場合はノートパソコンのメーカー・機種によってリカバリ方法も様々です。
専用のリカバリメディア作成ツールでUSBメモリに作成してそれを利用して外部からリカバリインストールするパソコンもありますしWindows10システムファイル入りの回復ドライブを作成してそれをリカバリメディア相当とするパソコンもあります。
もしリカバリディスク・リカバリメディアを作成されていないお客様はその旨合わせてご相談ください。
その他Windowsをインストールする素材が何も無い場合はWindows10単体インストールから構築する方法などもあります。

あと、もしHDDが故障していてもまだWindowsが起動・稼動できるノートパソコンの場合は、今までの保存データ・Windows環境・設定・アプリケーション含め丸ごと移行するデータ環境移行(損傷部を省いたHDDコピー・クローン作成によるHDD換装)で対応できる場合もございます。

HDDの故障でもクローン換装を試みれる対象

パソコン起動時にSAMRTエラーが表示されるがスキップさせるとまだWindowsが起動・動作する場合やWindows起動後にハードディスクの問題が検出されましたと表示されるパソコンやハードディスクの物理的な不具合でWindowsの起動・動作が突然異常に遅くなってしまったパソコンなどが試みれる対象です。

しかし物理的に異常・不具合があるハードディスクの場合は故障ですので例えWindowsが稼動できる状態であっても成功するかどうかは試してみないと判りません。
できる事なら今までのWindows環境やデータを保持したままノートパソコンが修理できれば助かるとお考えのお客様はハードディスク交換サービスのお問合せ時にその旨ご相談ください。

HDDクローン換装を試みれない対象

BIOSでハードディスクが認識できない故障とか認識していてもハードディスクが故障していてWindowsが起動出来なくなってしまったパソコンの場合はデータ環境の移行(丸ごとデータコピー)を試みる事ができません。
ハードディスクが故障した場合は動作させればさせるほど状態は悪化してどんどん壊れていくのが一般的です。
最善の修理を希望される場合は、パソコンの動作に異変を感じたりハードディスクの障害・壊れている疑いを感じたらむやみに通電させず早めのご相談をお勧めします。

リカバリインストール時のディスク入れ替え

リカバリインストールの途中で次のディスクをセットする旨が表示されますのでディスクを入れ替えてOKボタンをクリックして進めていきます。
最後までリカバリデータを転送しないと復元は完了しません。

初期インストールソフトウェアの復元完了

最後まで進めると初期インストールソフトウェアの復元完了です。
ノートパソコンを再起動させます。

再セットアップ画面

Windows10上でのセットアップがまだ続きます。
色々インストールしてシステムを構成していきます。
これが終わればWindows10自体のセットアップに進み画面の指示に従い完了させればWindows10を使用できるようになります。

最終動作チェック

Windowsの起動・シャットダウン・再起動などの動作を確認して問題なければノートパソコンのハードディスク交換修理は完了です。

以上が作業の流れとなります。


その他の作業