ハードディスクの診断ツールでハードディスクの故障をチェック

  1. パソコン修理・データ復旧
  2. ハードディスク交換
  3. ハードディスク診断ツール

ハードディスクの診断ツールで故障の場合はハードディスクの交換修理が必要

ハードディスク製造メーカーでは専用のハードディスク診断ツールを提供しているのが殆どです。
このハードディスク診断ツール使用して診断すればハードディスクが故障しているのか判断する事ができます。
パソコンの修理でハードディスクを交換する前にハードディスクを診断して交換する必要があるのかどうか確認する事ができるのです。

故障がつきもの
ハードディスクは永久に使用できるものではございません。
ハードディスクは消耗品なので寿命もありますしハードディスクは精密な部品で常時駆動もしているのでパソコンの中でハードディスクは最も故障しやすい部品でもあります。

ハードディスクに物理的な障害があるとwindowsが起動しない、windowsの起動が異常に遅い、パソコンの動作も異常に遅い重い・フリーズしたり異音がするなどのトラブルが発生します。
このような症状の場合はハードディスクの故障を疑いますのでハードディスクの診断ツールで故障かどうか修理が必要か確認する必要があります。

ハードディスクを検査
故障の疑いがある場合はハードディスク専用の診断ツールでハードディスクをチェックする事により障害があるのかどうかより精度の高いハードディスクの診断が行えます。
ハードディスク専用の診断ツールなだけにパソコンメーカーのハードウェア診断ツールよりも詳細にハードディスクを診断してくれる事でしょう。
ハードディスクを確認すれば交換修理が必要なのか故障の判断する事ができます。

ハードディスク検査内容と診断方法
一般的にはハードディスクに不良セクタがあるのか診断したりハードディスクのシーク動作異常有無を診断したりハードディスクのSMART値を診断したりしてハードディスクの異常の有無を検査してもらえます。
診断ツールのソフトウェアはwindows上とDOS上で検査するものがあります。
DOS上でハードディスクを診断するツールはwindowsが起動できないパソコンでもハードディスクをチェックできるように別メディアでパソコンから直ブートできる形態になっています。
FDやCDに起動ディスクとして診断ツールのプログラムを書き込み起動できるようにします。
ハードディスクの診断ツールによってはDOS版しかないものもあります。

windows上でハードディスク診断
HDD製造メーカーの診断ツール

シーゲート(Seagate)

  • SeaTools for Windows

ウエスタンデジタル Western Digital(WD)

  • Data Lifeguard Diagnostic for Windows

HGST

  • Windows Drive Fitness Test (WinDFT)

富士通

  • FUJITSU HDD diagnostic tool for windows(FJDT)

汎用のチェックソフト
ちなみにこの他にもwindows上で汎用的にディスクのスキャンチェックをしてくれるツールもあります。
これはどのメーカーのHDDでも検査できます。

  • HD Tune

ディスクスキャンの他に応答速度・ベンチマークも検査できますので中々優れものです。

DOS上でのハードディスク診断ツール
シーゲート(Seagate)

  • SeaTools for DOS

ウエスタンデジタル Western Digital(WD)

  • Data Lifeguard Diagnostic for DOS

Maxtor/Quantum マックストア クアンタム

  • Maxtor PowerMax

HGST(日立) / IBM

  • Drive Fitness Test (DFT)

富士通

  • Fujitsu Diagnostic tool(FJDT)

Samsung サムスン

  • ES-Tool
  • HUTIL
  • SHDIAG

最終的には実際に様々な診断をする
これらハードディスク診断ツールで検査を行っても実際にはハードディスクに異常があるのに稀に正常passされてしまうハードディスクもあります。
例えば最初は読み込めてたセクタが次に検査すると読み込めないと言う場合もありますし大きな遅延があるのに進める場合は異常なしと判断してしまう場合もあるからです。
何か動作がおかしいが正常passしてしまう場合に異常なしか判断する場合、
最終的には実際にSMART値やSMART異常履歴ログ、セクタの応答・遅延具合・スキャン時の動作音、ランダムシークの詰まり・音などを診て故障かどうか判断します。

故障の場合はどうるすか
もしwindowsは起動するがパソコンの動作に問題がある場合でこのハードディスク診断ツールで異常判定となった場合はハードディスクの交換修理が必要です。
ハードディスクの中に大切なデータが保存されている場合はハードディスク交換前に大至急速やかにデータのバックアップをお取りください。
何故ならば例えWindowsが動作している状態であってもハードディスクは正常ではなくハードディスクは故障しているからです。
パソコンの修理が必要ですのでハードディスクの交換修理を行わないと直りません。
あとメーカーパソコンの場合でリカバリ領域内蔵タイプかつリカバリディスクが付属していない機種の場合でもしリカバリディスク・リカバリメディアを作成していない場合は至急作成を行ってください。
通常リカバリインストールでwindowsを導入するために必要となります。

パソコン修理は当店へお任せください
ハードディスクの診断で故障しているのでハードディスク交換でパソコンを修理したいお客様。
ご自身で診断が難しくハードディスクが故障しているがどうしていいか判らないお客様。
当店のハードディスク交換サービスにて承っておりますのでお気軽にご相談ください。


関連情報