パソコンの動作が遅い・Windowsの起動が遅い HDD交換修理

  1. パソコン修理・データ復旧
  2. ハードディスク交換
  3. パソコンの動作が遅い・重い

パソコンが遅い Windowsの起動やパソコンの動作が異常に遅い原因と修理

パソコンの動作が遅い・パソコンが異常に遅い。突然Windowsの起動が遅くなってしまった。
このようなパソコンの動作が遅い故障でパソコン修理のご相談も多いです。

パソコンの動作が突然遅くなったりWindowsの起動が遅くなった場合、パソコンの動作が遅くなる原因も様々でWindowsの不具合でパソコンの動作が遅くなっているのかハードの故障でパソコンの動作が遅くなっているのかパソコンの症状により遅い要因も色々考えられます。

Windowsの問題でパソコンの動作が遅くなっているのであればアプリ・システムが原因でパソコンの動作が遅くなっている場合がありソフトの修復などで動作が遅いパソコンを修理できるかもしれませんが、ハードウェア関連の故障でパソコンの動作が遅くなっている場合は基本的にハードの部品を交換しなければ遅いパソコンを修理する事が出来ません。

ハードウェアの故障でもパソコンの動作が遅い原因は色々考えられます。
パソコンが遅いと言ってもそこそこパソコンは動作するのか。パソコンが異常に遅くフリーズ気味になったり頻繁にWindowsが応答なしになるほどパソコンの動作が遅いのか。まともにWindowsの操作が出来ないほどパソコンの動作が遅い・異常の重いのか。
その時点のパソコンの動作状態や遅くなっている症状により想定されるパソコンの故障箇所も様々です。

しかしパソコンの動作が突然遅くなったりWindowsの起動が遅くなってしまったパソコンは遅い原因がハードディスク故障である可能性が高く動作が遅いパソコンを修理をする場合はハードディスクの交換修理になる事が多いです。

  • Windowsの起動がとても遅い。
  • マウスをクリックしてもパソコンの反応が遅くアプリが中々立ち上がらない。
  • パソコンの動作が遅すぎてウインドウが応答なしになる。
  • Windowsの操作中にパソコンの動作が重くフリーズが多い。
  • しばらく待ってもHDDのアクセスランプが点きっぱなしでパソコンの動作が遅い。

こんな症状でパソコンの動作が遅い場合はハードディスクの動作が遅い故障が原因でパソコンが遅いのかもしれません。

簡単に言えば何も特別な事をせず普通にパソコンを使用していたのに突然パソコンの動作が遅くなった。
このような動作が遅いパソコンはハードディスクの故障を疑いハードディスク故障でパソコンの動作が遅いのであればハードディスク交換修理を要します。

ハードディスクはセクタと言う単位のまとまりにデータが収納されており、そこにアクセスする事により読み書きしてWindows・パソコンが動作しているわけです。

そのデータへの読み書きの速度が遅くなればWindowsの動作も遅くなる。
すなわちパソコンの動作が遅くなると言う事です。

セクタ障害でパソコンの動作が遅い場合はハードディスクの物理的な故障ですのでパソコンが遅い問題を解決する場合はハードディスクの交換修理をしなければなりません。

このパソコンが遅い要因はハードディスクのデータへのアクセス速度が異常に遅くなる為にパソコンの動作が遅くなる、いわゆるデータ読込み遅延が発生してWindows・パソコンが遅くなる現象と一部分の不良セクタ・損傷でアクセスが突っかかりパソコンの動作がフリーズしたように遅くなって中々進まなくなる。
この2パターンのどちらかでパソコンの動作が遅くなるか又は併合障害で遅くなるのがパソコンの動作が遅くなってしまう主な要因です。

尚、不良セクタ・損傷部の当たり所が悪くWindowsの起動に関わる部分に当たってしまう場合は起動が遅くなったり、パソコンの動作が遅くなる以前にWindowsすら起動できない状態になってしまう場合もあります。
また、例え現状でパソコンの動作は遅いけども何とかWindowsが動作している場合でもパソコンを使用し続ける事により更に動作が遅くなりハードディスクの状態がどんどん悪化して異常に遅い状態から最終的にはWindowsの起動すら出来なくなってしまう場合もあります。

ですのでハードディスクの故障や障害でパソコンの動作が遅くなっている場合はハードディスク交換で早めの修理・改善処置が重要です。

パソコンの動作が遅い・Windowsの起動が遅い ハードディスク交換修理事例

ここではパソコンの動作が遅い原因がハードディスクの故障で動作が遅い場合のパソコン修理・ハードディスク交換事例を紹介します。

尚、パソコンの動作が遅い原因も単にWindows自体が遅いのかハードディスクが故障しているからパソコンが遅いのかなどが考えられますが動作が遅いパソコンでハードディスクの交換修理を要するのはハードディスクに物理的な異常・故障が発生してパソコンの動作が遅くなっているものだけです。

問題有りの診断結果

Windowsの動作が異常に遅かったデスクトップパソコンのHDD交換修理前
ハードディスクの診断テストで異常有りの結果
Western Digital 3.5インチHDD WD10EARS

こちらはWindowsの動作が異常に遅いパソコンでハードディスクを検査した時の診断写真です。
検査でハードディスクに異常有りの結果が出ておりパソコンが故障しているのでハードディスク交換によるパソコンの修理が必要です。

Windowsの起動が遅いとかパソコンの動作が遅い・パソコンが異常に重い場合はこのようにハードディスクが故障している場合があります。
尚、パソコンの動作が遅い原因は不良セクタで遅いとかタイムアウトで次のセクタに進めないのでパソコンが遅いとかデータが読みづらいのでパソコンが遅かったなど色々考えられますが、ハードディスク内部に物理的な異常があったパソコンは問題有りの診断結果になります。

Windowsの起動が遅くて時間がかかりすぎるとかアプリなどプログラムのアイコンをクリックしてもパソコンが重く・遅くて中々進まないなどパソコンの動作が異常に遅い場合はこのようにハードディスクが壊れている可能性が高いです。

正常な診断結果

こちらはSONY VAIO一体型のパソコンの修理で正常なハードディスクを取り付けた後に確認した日立製3.5インチ HDS721050CLA360の診断写真です。
セクタスキャンで異常なしの結果です。
データをアクセスする速度も故障前のパソコンのように遅くなく元通り或いは元通り以上の速さに回復して遅かったパソコンの動作速度も正常になります。
これで問題なく通常の速度でWindowsも起動しますし遅かったパソコンも動作がスムーズになります。

時には例外もあり
ちなみにWindowsの動作が異常に遅いパソコンで実際はハードディスクが遅くて故障しているのに、正常判定の診断結果になってしまう場合もあります。
パソコンの動作が遅い原因がハードディスクだったとしても不良セクタなく異常遅延のみでデータへの応答が遅くてもタイムアウトにならないほどで進んでいった場合、通常よりスキャン時間は遅くなりますが異常なしと出る場合もあります。
非常に稀ですがこのような場合は応答速度を計測できるツールで遅延を確認しパソコンの動作が遅い原因と判断したり診断の進み具合・スキャン時間・動作音など詳細な確認を行う事でパソコンが遅い原因がハードディスクが遅いからだと判ります。

パソコンの動作が遅い故障 ハードディスク交換修理前に遅い原因を診てみる

ハードディスクの状態を深く診れば診るほど何故パソコンの動作が遅くなっていたのか遅い原因がよく判ります。

アクセス遅延有り

こちらはデスクトップパソコンで動作が異常に遅かったパソコンに内蔵されていた日立3.5インチHDDの診断写真です。
不良セクタは無いが異常遅延でデータのアクセスが遅く時間がかかります。
このようにハードディスクが遅いパソコンはwindowsの起動が異常に遅かったりWindowsの動作が不安定でアイコンをクリックしても遅すぎて反応しなかったりパソコンが遅く・重くフリーズしたように感じる事があるでしょう。
色が付いているブロックが通常セクタより遅くなっている部分ですが、緑のブロック以下は通常より反応が遅いです。
特に応答時間150ms〜500msの茶色の部分は遅すぎますし更に500ms以上の赤くなっているセクタは異常に遅く読込みに時間がかかっています。
これではパソコンの動作が遅くなるのも当然です。
Windowsの動作がとても遅くなるでしょう。
応答が遅すぎてワーニングが出ている遅延セクタも多数あります。
危険なほど反応が遅いと言う事です。
このようにデータの読込みが遅いパソコンはハードディスクが遅い為にWindowsの動作が異常に遅くなったりパソコンが遅すぎてフリーズしたりしますのでハードディスク交換によるパソコン修理が必要です。

不良セクタと遅延セクタが有るハードディスク

デスクトップパソコンに搭載されていた
日立3.5インチ内蔵HDD HDS723020BLA642(2TB)

こちらはデスクトップパソコンの修理で元々内蔵されていたHDDの診断写真です。
セクタの遅延と不良セクタの複合損傷の故障です。
Xとなっている所がエラーの不良セクタでデータを読み込めません。
パソコンの動作が遅くなってしまう以外にXの部分は読めないので当たれば遅い状態から更にパソコンがフリーズしたように止まる事でしょう。
これではたとえWidnowsが起動しても遅かったり止まったりしてまともに使用できません。
遅延があるのでパソコンの動作が遅くなるのは当然ですが不良セクタもあるので止まったように遅くなったりパソコン使用中も何らかのエラーが発生したりする可能性も高まります。
こちらのパソコンも同様修理するにはハードディスクを交換しないと改善しません。

問題のないハードディスク

新品のWestern Digital 2.5インチHDD WD5000BPVT(500GB)

こちらは遅くない正常なハードディスクの検査写真です。
動作が遅かったノートパソコンの修理でハードディスク交換・取り付け前に確認したセクタの応答の状態です。

応答状態も良く遅くありません。
損傷もない本来の速さでアクセス出来ますしとても綺麗なセクタです。
このような応答状態であればデータの遅延は起きないので動作も遅くなりません。
パソコンの動作も問題なく動作速度も改善します。
ハードディスクの問題でWindowsが重くなったり遅くなる事はありません。

パソコンの動作が遅いのはハードディスクの動作速度が遅いから

Windowsの動作が異常に遅かったパソコンに搭載されていた遅いハードディスク。
パソコン修理・ハードディスクを交換する前にハードディスクの遅い状態を診断機でさらに深いところまで診てみましょう。
パソコンの動作が遅い故障原因がグラフィカルに判りますので一目瞭然です。

ハードディスクスキャン写真

異常に遅いノートパソコンのハードディスク状態スキャン確認写真
内蔵 2.5インチHDD 東芝 MK3261GSYN(320GB)

こちらは異常に動作が遅かったノートパソコンに内蔵されていたハードディスクを取り外して専用の診断ソフトでコンディションを確認した東芝2.5インチのHDDです。
このパソコンは遅いけどもwindowsが何とか起動できる時と遅い以前にWindowsの起動すら出来ない時もある状態でWindowsが起動出来てもパソコンの動作がとても遅くフリーズしてまともにパソコンが使用出来ないと言う症状でした。

ハードディスクのアクセスの速度が遅くなったり元のスピードに戻ったりセクタの応答が正常と遅延を繰り返すサンドイッチ状態です。
ピンクや黄色のまとまりのセクタ部分に入ると異常遅延によりデータの読込みが速度が遅くなります。
これはハードディスクが遅いすなわちパソコンの動作が遅くなると言う事です。
遅い部分を越えると緑のセクタ部分となりハードディスクは通常の読込み速度に戻りますが、また直ぐに遅延部分のセクタに突入し遅くなります。
速くなったり遅くなったりの繰り返しです。
パソコンの動作も遅くなったり動作が戻ったりする事でしょう。
損傷している不良セクタもあります。

このようなハードディスクは故障していて本来の性能が発揮できません。
パソコンも異常に遅い・重い状態でいつまで経ってもアクセスが終わらずフリーズして固まったりと言う事になってしまいます。
遅いパソコンを修理して動作速度を改善させるためにはハードディスク交換修理が必要です。

アクセス応答速度グラフ写真

ノートパソコンのHDD交換修理前応答速度グラフ写真
内蔵 2.5インチ 東芝 MK3261GSYN(320GB)

こちらの写真は先ほどの東芝HDDの応答速度をグラフ化した写真です。
アクセス速度(LBA/s)の応答がギザギザになって遅くなったり速くなったりと読み込むスピードが一定ではない事を示しています。
応答速度がちょっと下がる部分は本来より遅いのでパソコンの動作も遅くなる。
一気に下がる部分は相当遅いのでパソコンもとてつもなく遅くなる事でしょう。
本来であれば応答速度が横へ緩やかにカーブしながら直線に伸びていきます。
何故そのようにならないのか。
上記のようにデータ読込みが異常に遅くなったり元の速度に戻ったりの繰り返しだからです。
このような状態はセクタ応答を全部スキャンして確認するまでもなくハードディスクが故障していますのでこのようなハードディスクが搭載されているノートパソコンを修理する場合はハードディスクを交換しなければ回復しません。

応答速度グラフ拡大写真

応答速度グラフ拡大写真

こちらは先ほどの東芝HDDのデータ読込み遅延応答の拡大写真です。
グラフのトップの位置が本来の速度なので、この位置周辺が維持できればハードディスクの問題でパソコンの動作が遅くなると言う事はないのですが、これではwindowsもまともに動作できません。

トップからグンっと下がる部分がデータのアクセスに問題をかかえている部分です。
速度が低下すればするほどハードディスクのアクセスも遅くなりパソコンの動作も遅くなってしまいます。
一番下まで行ってしまっているのが不良セクタか応答タイムアウトでデータを読み込めなかったセクタです。
この部分に当たればパソコンが遅い以前にフリーズする可能性が高いです。

このように大きくギザギザになってしまっているデータの応答速度は軽度ではなく重度のハードディスク故障・障害であり遅延の度合いがよく判ります。
私的にはよくWindowsが起動出来る時があったなと驚くぐらい悪いコンディションです。

SMART値

異常に遅い症状のSMART値確認写真

こちらは同じ先ほどと同じ東芝HDDのSMART値の写真です。
Reallocated Sectors Count 不良セクタ再配置の値が減っていますがまだ閾値を下回っていません。
あれだけパソコンも遅くてハードディスクも悪い状態なのにSMARTエラーの警告は出ていません。
このようにSMARTエラーが出ていないパソコンでもハードディスクが故障している場合があります。

突然Windowsの動きが遅くなったりパソコンの動作が重くフリーズが連発したりなどパソコンの動作が遅い・普通ではないなと思う場合はハードディスクの故障を疑う事も必要です。

東芝HDD SMARTログ

SMARTの過去エラーログ確認写真

こちらも先ほどと同じ東芝HDDのSMART情報を表示した異常ログの写真です。
異常のLBA番地でセクタのデータエラーが発生した事が記されています。
このようにSMARTエラーが出ていなくてもハードディスクに異常があったと判ります。
LBA番地またはLABのセクタ周りをダンプすると異常セクタが確認できるのが殆どです。
これだけでも要パソコン修理でハードディスク交換に値します。

その他のパソコンが遅い原因

ハードディスク以外にもパソコンの動作が異常に遅い原因は色々あります。
遅い原因に見合ったパソコンの修理が必要と言う事です。

まずハードとソフト問題に分けられます。

ハード問題の場合
パソコンの動作が遅くなる一番高い可能性があるデバイスはハードディスクですがその他の動作が遅くなる原因としては冷却ファンなどの故障により熱冷却異常でパソコンのCPUが発熱しパソコンの動作が遅くなる可能性が考えられます。

あとその他の可能性としてはノートパソコンなどでキーボードの故障により一部のキー接点が入りっぱなしになり、Windowsの起動が中々進まずパソコンの動作が遅くなっている場合も稀に考えられます。

しかしながら冷却やキーボード問題でパソコンの動作が遅くなると言うのは稀です。

ソフト問題の場合
ソフト問題の場合は、Windowsのシステム障害やアプリケーションの競合・ウイルス感染・マルウェア感染などにより異常に遅くなってしまう可能性が考えられます。

プログラムの処理などデータに沢山アクセスする指令が入り他の処理が追いつかなくなりクリックしても反応しないしばらく経たないと反応しない可能性と不正なプログラムやアプリの競合などによりCPU使用率が100%になりフリーズしているなどが想定されます。
時にはソフトの問題だけで完全にフリーズする事もあります。

タスクマネージャーでCPUやメモリの使用率などパフォーマンスを診たり更に詳しく見る場合はリソースモニターでディスクの速度なども合わせて監視し問題を切り分けるのに活用すると良いでしょう。

異常に遅い症状のデータ復旧・救出もお任せください

壊れてしまったパソコンの中にデジカメで撮った写真の画像ファイル・ビデオカメラで撮影した映像動画ファイルなど大切なデータが残っているのに何とか取り出せないか。
データバックアップもまともに取れないほど遅い場合でも当店でファイルの取り出し復旧・救出を承っております。

異常遅延のストレージは物理的な故障で当店の復旧・救出サービスの中でレベル2軽度物理障害又はレベル3中度物理障害の範囲に相当します。

動作が遅くてもWindowsが何とか起動すると自分で何とかデータを移せるのではと思う場合もありますが異常ハードディスクは動かせば動かすほど状態が悪化していくのが一般的です。
出来るだけ負荷をかけず労わりながらセクタをかき集めファイルを救出するのが最善です。
壊れている状態で何とかならいかと色々試していると悪化して最悪レベル4重度物理障害の状態まで悪化してしまう場合もあります。
悪化すると救出できるファイルも回収できなくなってしまいますので希望される場合は無理をなさらず当店の復旧サービスをご検討ください。