ハードディスクの故障でもデータを消さないでパソコンを修理する方法

  1. パソコン修理・データ復旧
  2. ハードディスク・HDD交換
  3. データは消える?
  4. 故障の場合

ハードディスクの故障による修理の考え方やデータを残す方法

ハードディスクが故障してしまったのでパソコンを修理したいがデータは消したくないので何とかならないかとご相談いただく事があります。
以下修理の際にデータは消えるのか消えないのか。
考え方やデータを残す方法などをご説明します。

故障直前の状態へ復活はできない
ハードディスクが壊れたパソコンでは通常データを残したまま修理する事はできません。
動かなくなる直前の状態・環境を維持したまま起動できるように復旧・復活させる事はできないのです。
なぜできないのか簡単に言えば壊れているからです。
例えばヘッドクラッシュなどで完全に故障していてパソコンで認識すらできなくなってしまった場合は全く領域にアクセスする事ができません。
そのような状態のものを故障前のデータ・環境を維持したままwindowsが起動できるよう復活させるなんて事はとうていできないのです。
これはメーカーでも当店でも他の業者で修理する場合でもどこでも同じです。

今までのデータは残らない
故障の場合は通常正常なハードディスクに交換して新たにwindowsを導入して起動・使用できるように修理するものとなります。
今までのデータは入りませんので消えてしまう。
通常の修理方法では今までの保存ファイルなども残らないと言う事になります。

それでも残したい場合
それでもパソコンに大切な写真ファイルや映像ファイルなどを保存していたのでせめてその部分だけでも何とか残せないかと思うお客様もいらっしゃると思います。
何か残す手段はないか。
そんな時はデータ復旧サービスです。
これは故障しているハードディスクから必要なデータだけを救出すると言う方法です。
故障直前の状態へ元通りと言う事ではございませんがユーザーのファイル・写真や映像ファイルなど一部分だけならこの方法で取り出せる場合があります。

最善な対処方法は
故障したので修理したいが今まで保存していたファイルが消えると困ると言う場合の最善の対処方法はハードディスク交換サービス+データ復旧サービス両方を行うと言う方法がベストです。
救出できれば取り出したファイルを修理したパソコンに移してお渡しする事ができます。
必要なデータは消さずに残す事ができるのです。

メーカー修理では初期化される
尚、メーカーで修理を行うとデータが消えてしまうので何とかしたいとご相談いただく事もよくあります。
これは一部のファイルを取り出すようなサービスを行っていないためです。
メーカーではリカバリインストールで初期化して直すだけなのでお客様のデータに関してはノータッチでかかわりません。

データを消したくない場合は当店へ
当店ではハードディスク交換サービスデータ復旧サービスも両方行っております。
パソコンを修理したいがファイルが消えると困る。できるだけ残したい。
そんな場合は是非当店へご相談ください。

故障していても全くデータを消さずに修理する方法

故障していても特定の条件を満たせばデータを消さないでハードディスクを交換できる場合があります。

条件

  • ハードディスクが故障していてもまだwindowsが稼動できるパソコン

例えばWindowsの動作がとても遅くなっているがまだ何とか動作しているとかパソコン起動時にSMARTエラーメッセージが表示されるがF1キーなどでスキップさせるとwindowsは起動できるパソコンとか起動はするがハードディスクに問題・異常がある旨の警告・エラーメッセージが表示される場合などの場合はデータを丸ごと残したまま修理を行える可能性があります。

どのようにすれば消えないのか
まだwindowsが稼動できる状態なのであればデータ環境移行(丸ごとコピー)と言う方法にてHDDのクローン作成を試みwindows環境や保存ファイル・設定やアプリ・ソフトなどを含めて丸ごと移行できる可能性があります。

クローンの作成に成功すれば今までのデータは消えません。
今までのwindows環境そのままですので理屈的に故障直前の状態と変わらずパソコンを使用する事ができます。

なぜ可能性なのか?
それは、まだ稼動できる状態であっても壊れているからです。
ハードディスクが正常な場合はクローンを作成できます。
しかし問題がある場合はコンディション様々ですのでできるかどうかはやってみないと判りません。

成功の目安
軽度のセクタ損傷やデータ読み込み遅延ぐらいであれば成功します。
不良セクタが多くまともにコピーが進まない読み込み遅延が酷い状態などの場合は成功しません。
ハードディスクに異常があっても現時点である程度まともにwindowsが稼動できる場合は成功する可能性が高いです。
まともにwindowsの操作ができないほどパソコンの動作が異常に遅い場合は成功する可能性が低いです。
とりあえず条件に合う場合でお客様が望むのであれば試みる事ができます。

希望する場合は
この方法を希望される場合は以後パソコンを起動されないようおすすめします。
それはなぜなのか。
壊れたハードディスクは動かせば動かすほどドンドン悪化していくが一般的だからです。
状態が悪ければ悪いほど成功する可能性も下がります。
悪化すればクローン作成できるものも出来なくなってしまいます。
リスクを極力抑えるためにもパソコンを動かさない通電させないのが基本です。
成功させる可能性を高めるには早めの処置が大切です。
何か異変に気がついた際は必要あれば至急バックアップを取り以降は起動させずお問合せいただくのがベストです。

成功すればどうなるか
成功すれば今までのデータはそのままでSMARTエラーの警告が出ていたパソコンは警告が消え動作も改善します。
アクセスが遅いセクタの異常遅延によりwindowsの起動や動作が異常に遅かった場合は正常なスピードに回復します。
ハードディスクの問題が検出されました等のエラーウインドウが表示されていた場合は、動作が改善してエラーウインドウも表示されません。
考え方としてデータは消えずにハード的な部分の機能が正常に回復する。
これがハードディスクの故障における部品交換とクローン作成(環境移行)での修理です。

この方法をおすすめしない場合
windowsは起動するが機能に不具合が起きている場合です。
データ環境移行は読み込める全てのセクタをコピーします。
ですのでもしwindowsに不具合があればそれらも一緒に引き継がれてしまいます。
例えば一部のセクタが読めないとか損傷がある事により既にwindowsの一部に不具合が発生している場合は例え成功したとしても不具合はそのまま変わらないのです。
ハード的に直って速く正常に動くようになったとしてもwindowsに問題がある部分に関しては状態が変わらないと言う事になってしまいます。
パソコンの修理なのに本末転倒です。
例えば考え方として不良セクタで破損している部分が何かのアプリの部分なのであればアプリをアンインストールするなり再インストールするなりすれば直りますし何かのユーザーが保存していたファイルの一部なのであればそのファイルが破損しているだけで他は今までと同じと言う事になります。
しかしwindowsのシステムに何か問題がある場合、そのままの状態で直すのは困難です。
ですのでそのような場合はおすすめしません。

これは特別な方法
クローン作成でデータを移す・引っ越すと言うのは本来正常なハードディスクに対して行う方法です。
故障している状態で試みる場合は何か問題がある場合は自分で何とかするのでできる事なら今までのデータを維持したまま交換してもらえると助かるなぁとお考えの場合にご検討ください。
そして消えないで対応できた場合は幸運だったぐらいに思ってください。
特別な修理方法で本来行う修理ではありませんしデータの保持を約束するものでもありません。
もし大切なファイルがあるのであれば修理する前にバックアップを取るべきです。
もしバックアップも取れないほどまともに動かないパソコンでそれでもデータの保持を優先するのであれば、この方法ではなく一旦一部の必要なファイルのみを救出する方法をご検討ください。

データを優先する場合の対処方法は
修理する前に最低限必要なファイルを取り出して退避させる。
そして可能であればクローン作成による換装。
修理を優先する場合は
既にバックアップも取ってるので最悪データは消えてもかまわない。
しかしできる事なら今までの状態のまま回復できれば助かるとお考えの場合はクローン作成による換装を試みてみると言う事になります。


関連情報