1. パソコン修理・データ復旧
  2. ハードディスク・HDD交換
  3. データは消える?

ハードディスクの交換でデータは消える?消えない?

たまにお客様からパソコンの修理でハードディスクを交換したら今までのデータは消えてしまうのでしょうか?とご質問いただく事があります。

簡単に言えば修理か修理じゃないかで消えるかどうか変わってきます。

しかし消えると言うのも正確ではありません。
ご質問の回答ふまえデータの考え方を説明します。

消えると言う事ではない
まず部品を交換する事によりパソコンのデータが消えると言う事はございません。
新品のハードディスクには元々何も入っていません。
取り付ける場合はその時点で中身は空っぽな状態になると言う事になります。

どこにデータはあるの?
考え方として元々の取り外したハードディスクの中にあると言う事になります。
ですので交換すると消えて無くなるのではありません。

しかし故障の場合は壊れていますので基本的にデータは移せません。
これは修理の場合だと残せないと言うことです。
例えば正常に動作していて容量のアップグレードや高速化などによる換装の場合は残す事ができます。

データを残したまま交換する方法

正常であればデータを移せる
ハードディスクに何も問題なくwindowsが稼動している状態で交換する場合は今までのデータを移す事ができます。
現状でパソコンの動作に問題はないが空き容量アップや劣化・故障予防目的やSSHDなどへアップグレードするなどの目的で取り替える場合は今までの環境を残すことができます。

環境は今までと変わらない
元々のデータを新しいHDDへコピーしてwindows環境や保存済みのフォルダ・ファイルや設定や導入済みのアプリなど環境を維持したまま今までと変わらず使用する事ができます。
要はクローンを作成する事により残す事ができるのです。

クローン先のハードディスクを取り付けて起動させても今までと変わらぬままwindowsが起動します。
保存していたファイルやフォルダ等も消えずそのままです。

容量アップの場合は空き容量だけ増やせる
元より大きい容量のHDDで交換すれば今までと変わらずそのまま空き容量だけを増やす事ができます。

結果的にデータはそのまま
このようにクローンを作成して取り替えれば今までと変わりません。
丸ごとコピーすれば消えないと言う事になります。

ハードディスクが故障している場合はデータが消える

ハードディスクが故障している場合は例外を除きデータを残せません。
何故ならば壊れているからです。
故障している場合は基本的にクローンが作成出来ませんのでwindowsを導入する際も新規にインストールするようになります。
今までのデータは結果的に消えると言う事になります。
もしどうしても大切なファイルがあり一部で良いので何とか取り出せないかとお考えのお客様は当店のデータ復旧サービスで必要なファイルを救出できる可能性がございます。
修理と同時に承る事もできますのでご希望の場合はその旨合わせてご相談ください。

故障でもデータが残せる例外
この可能性に当てはまる条件としては故障しててもまだwindowsが稼動できる状態である事が必須となります。
主として

  • SMARTエラーが出ているがまだwindowsが稼動できる場合
  • パソコンの動作が異常に遅いがまだwindowsが稼動できる場合
  • windows上でハードディスクの問題・異常警告が出ている

などの場合はデータを移行できる可能性がございます。

成功するかどうかは試してみないと判りませんが成功すればデータはそのままです。
成功すればハードディスク交換サービスの範囲で完結しますので別途データ復旧サービスを利用する必要はございません。
試みれる土俵に上がれるパソコンは、ご希望あれば試みる事ができますのでその旨ご相談ください。