ハードディスク交換でパソコンのデータは消える?消えない?

パソコン修理・ハードディスク交換(HDD交換・SSD換装)を宅配修理で全国対応!パソコンのHDD交換とSSD換装が格安

  1. パソコン修理・データ復旧
  2. ハードディスク交換(パソコンのHDD交換・修理)
  3. パソコンのデータは消える?

ハードディスク交換でデータは消えるの?パソコン修理とデータの関係

ハードディスク交換を承るお客様から偶にハードディスクを交換したら今までのパソコンのデータは消えてしまうのでしょうか?と交換時のデータに関してご質問いただく事があります。

ハードディスクの交換もパソコン修理や性能アップなど色々な交換目的がありますがデータが消えるか消えないか(データが残せるか残せないか)は簡単に言えばハードディスクを交換する理由で変わってきます。

大まかに言えば交換の目的がパソコン修理でハードディスクを交換するのかパソコンの修理じゃないハードディスク交換なのかで今までのデータが消えるか消えないか分かれます。

具体的に例えるならハードディスクの故障でハードディスクを交換修理するのかwindowsが正常動作しているパソコンでSSDへ交換するとかハードディスクの空き容量を増やしたい為にハードディスクを交換するなどの違いです。

しかしハードディスク交換でパソコンのデータが消えると言い方も正確ではありません。
ご質問の回答ふまえハードディスク交換と今までのパソコンデータに対する考え方を説明します。

ハードディスク交換でパソコンのデータが消えると言う事ではない

まずハードディスクを交換する事によりパソコンのデータが消えると言う事はございません。
交換する新品のハードディスクには元々何のデータも入ってないのでWindowsすら入っていません。
パソコン修理の為にハードディスクを交換しても交換しただけではWindowsも起動しないパソコンとなります。

稀に誤解する方がいらっしゃいますが、パソコンにハードディスクを取り付ける時点ではデータは何も入っていません。
当然今までのパソコンデータも入っていません。
元のデータが消えるのではなく別のハードディスクへ交換するとハードディスク(パソコン)のデータは何も無い・中身は空っぽな状態になると言う事になります。

またハードディスク交換は元のハードディスクのデータを消去するものでも初期化・フォーマットするものでもございません。

ハードディスク交換時の疑問・今までのパソコンデータはどこにあるの?

考え方としてハードディスク交換時に取り外した元々のハードディスクの中にデータがあると言う事になります。
ですのでパソコンの修理でハードディスクを交換すると今までのデータが消えて無くなるのではありません。

しかしハードディスク故障の場合は壊れていますので基本的に今までのパソコンデータを新しいハードディスクへ移せません。
これはパソコン修理でハードディスク交換をする場合だと交換時に前のデータが残せない。
いわゆる今までのパソコンデータが消える
と言うことです。

例えば正常に動作しているパソコンで容量を増やす為のハードディスク交換やパソコンの動作を速くする為のSSD交換・換装などの場合は交換時にそのままデータを残す事ができます。
(正常なパソコンであればデータは消えない)

パソコンデータを残したままハードディスクを交換する方法

ハードディスクが正常であればパソコンのデータは移せる

ハードディスクに何も問題なくwindowsが稼動しているパソコンであれば不良セクタもなく全データにアクセスできると言う事になりますのでハードディスク交換時に今までのパソコンデータを移す事ができます。

現状でパソコンの動作に問題はないが空き容量アップや劣化・故障予防目的によるハードディスク交換や高速なSSDへ切り替えるなどの目的で取り替える場合は今までのパソコンデータを残すことができますので元のデータは消えません。

データはそのままでWindows環境も今までと変わらない

元々のHDDデータを新しいHDDへコピーして交換すればwindows環境や保存済みのフォルダ・ファイルや設定や導入済みのアプリなどデータ・環境を維持したまま今までと変わらずパソコンを使用する事ができます。
要は元のHDD内にあるデータと同じ状態のクローンHDDを作成してからHDDを交換する事によりデータを残す事ができるのです。

HDDのクローンを作り取り付ければパソコンを起動させても今までと変わらぬままwindowsが起動します。
保存していたファイルやフォルダ等のデータも消えずそのままです。

HDDの容量アップの場合はデータはそのまま空き容量だけ増やせる

元のHDDより大きい容量のHDDへ交換すれば今までのパソコンデータ(Windows環境)は変わらずそのままパーティションを調整してCドライブの空き容量を増やす事ができます。
増えた分、沢山データを保存できるようになります。

結果的にパソコンのデータは消えずそのまま残る

このようにHDDのクローンを作成してハードディスクを交換すればパソコンのデータもWindowsの状態も今までと変わりません。
HDDのデータを丸ごとコピーすれば今までのデータは消えないと言う事になります。

ハードディスクが故障している場合はハードディスク交換でパソコンデータが消える

ハードディスクが故障している場合は例外を除きハードディスク交換時にパソコンのデータを残せません。
何故ならばパソコンを修理する為のハードディスク交換であり交換する前から既にハードディスクが壊れているからです。
HDDが故障している場合は基本的にHDDのクローンが作成出来ませんのでHDD交換でwindowsを導入する際も新規にインストールするようになります。
ハードディスク交換で今までのデータは結果的に消えると言う事になります。
もしどうしても大切なファイルがあり一部のデータで良いので何とかデータを取り出せないかとお考えのお客様は当店のデータ復旧サービスで必要なファイルを救出できる可能性がございます。
パソコン修理とデータ復旧も同時に承る事もできますのでご希望の場合はその旨合わせてご相談ください。

ハードディスクが故障していてもパソコンデータを残せる例外
この可能性に当てはまる条件としてはハードディスクが故障していてもまだwindowsが稼動できる状態である事が必須となります。
主として

  • SMARTエラーが出ているがまだwindowsが稼動できる場合
  • パソコンの動作が異常に遅いがまだwindowsが稼動できる場合
  • windows上でハードディスクの問題・異常警告が出ているがまだ動作できる

などの場合はハードディスク交換時にデータを移行できる可能性がございます。

既に故障している状態ですのでデータの移行が成功するかどうかは試してみないと判りませんが成功すればパソコンのデータはそのままです。
成功すればハードディスク交換サービスの範囲で完結しますので別途データ復旧サービスを利用する必要はございません。
試みれる土俵に上がれるパソコンは、ご希望あればハードディスクを交換する際に試みる事ができますのでその旨ご相談ください。