「Checking Media Presence No Media Present」で起動しない原因とパソコン修理の方法

パソコン修理・ハードディスク交換(HDD交換・SSD換装)を宅配修理で全国対応!パソコンのHDD交換とSSD換装が格安

  1. パソコン修理・データ復旧
  2. ハードディスク交換(パソコンのHDD交換・修理)
  3. Checking media Fail

「Checking Media Presence」で止まるパナソニックレッツノートのHDD交換修理事例

Checking Media Presence No Media Present

起動時のChecking Media Presenceのエラーメッセージ

>> Checking Media Presence......
>> No Media Present......

パソコンを起動させても通常どおり起動せず「Checking Media Presence」と言うメッセージが表示されWindowsが起動しない故障もあります。

上記の写真はパナソニック レッツノートのノートパソコンでハードディスク交換修理を承り修理前に起動を確認しChecking Media Presence及びNo Media Presentと表示された状態です。

このChecking Media Presenceのエラー表示はパナソニックレッツノート・NEC・DELL・HP・Lenovoなどのパソコンで発生する場合があります。

Checking Media Presence及びNo Media Presentの意味を解説

Checking Media PresenceのChecking Mediaはメディアをチェック・確認していると言う意味です。
Presenceは存在する事を意味しますのでChecking Media Presenceでメディアの存在を確認すると言う内容を意味しています。

その後のNo Media Presentが問題です。
メディアの存在がないと言っています。
Checking Media PresenceからのNo Media Presentと言うのはメディアの存在をチェックしたけれど見つからなかったと言う事になります。

ここで言うメディアと言うのは起動デバイス・起動ストレージです。
通常はHDDやSSDでここに入っているWindowsを起動させます。
よってChecking Media PresenceからのNo Media Presentの表示は確認したけれどもHDDやSSDが見当たらなかったので起動できない状態と言う事になります。

Checking Media Presence及びNo Media Presentと表示され起動しない原因

しかし何故Checking Media Presenceと表示されるのか。
Checking Media PresenceからのNo Media Presentの表示はWindowsが起動できるデバイスをチェックしているが検出できない為に起動に失敗している状態ですのでHDDやSSDの認識に問題が有ったりHDD・SSDの認識・応答が遅いなどが考えられます。

本来正常であればChecking Media Presenceの表示はされずそのままWindowsの起動に進まなければありません。

またHDDやSSDが完全に故障して認識しないほどの状態だったりブート情報が入っていない状態であれば、Checking Media Presenceの表示はされずそのまま「No bootable device」や「No Boot Device Found」や「Bootable device was not found」や「起動可能なデバイスが見つかりませんでした」などのストップ表示だったり「InsydeH20 Setup Utility」や「Aptio Setup Utility」などのBIOS・UEFIのセットアップ画面に切り替わったりする事でしょう。

Checking Media Presenceのメッセージが表示されずにこれらの画面になる場合は、もちろんHDD・SSDの故障で発生している可能性が高いですが、Checking Media Presence及びNo Media Presentが表示されその後、同様の画面で止まったり再起動がかかってループする場合もHDD・SSDの故障が原因である可能性が高いです。

Checking Media Presence No Media PresentからBIOS画面で停止

Checking Media PresenceからのNo Media Present表示後に
BIOS画面に切り替わり止まった状態
ハードディスクがEmptyで認識していない

また場合によってはChecking Media Presence及びNo Media Presentの後にStart PXE over IPv4やStart PXE over IPv6と表示され止るパソコンもあります。
これはHDDやSSDからブートできない為にネットワークブートに切り替わる為に表示されるものです。

特別な設定とか操作をした後に発生したのなら、それらの要因も考えられますが、普通にパソコンを使用していて、これらの表示になりWindowsが起動しなくなってしまった場合はHDD・SSDの故障が原因である可能性が高いと考えられます。

HDDの故障でChecking Media Presenceのパソコンを修理する方法

HDD/SSDの故障でChecking Media PresenceやNo Media Presentが表示されWindowsが起動できないのであればHDD交換修理・SSD交換修理が必要です。
HDD交換・SSD交換でハードが正常になったらリカバリインストールなどで新たにWindowsをインストールすればWindowsは起動できるようになります。

当店ではハードディスクが故障してWindowsが起動できないパソコンの修理・ハードディスク交換修理を行っております。
ノートパソコン・デスクトップパソコンや液晶一体型パソコンの修理は是非ハードディスク交換サービスをご検討ください。


関連情報