HDDのサイズ・大きさ

  1. パソコン修理・データ復旧
  2. ハードディスク交換・HDD交換
  3. 規格や種類
  4. サイズ・大きさ

交換時に使用するHDDのサイズ・インチ数

交換時に使用する主要なハードディスクのサイズ・大きさは主に3タイプです。

  • 3.5インチ
  • 2.5インチ
  • 1.8インチ

それぞれパソコンのタイプや形により搭載されているHDDのサイズや大きさも様々です。
取り替える場合は基本的に元々パソコンに取り付けられているハードディスクと同じインチ数のもので交換しなければなりません。
尚、小さいサイズ(例えば2.5インチ)のHDDを変換やマウント金具などで大きいサイズ(例えば3.5インチ)が搭載されているパソコンに取り付ける事は可能です。
逆に大きいサイズのHDDを小さいサイズが搭載されている機種に取り付けする事は物理的に収まりませんので出来ません。

3.5インチ

主にデスクトップタイプや液晶一体型パソコンに内蔵されています。
デスクトップ用のハードディスクです。
デスクトップにもスリム型やミニタワー型など色々ありますが基本的なデスクトップパソコンはみな3.5インチです。
ハードディスクが故障したデスクトップパソコンを修理する場合は一般的に3.5インチで交換するようになります。
主要なドライブの中では一番大きいサイズとなります。
形が大きい分大容量ストレージも多く存在します。
液晶一体型の場合は機種により3.5インチHDDの他に2.5インチ搭載の一体型パソコンもあります。
HDD故障の液晶一体型パソコンで取り替える際には交換前に元々付いているドライブが何インチなのか確認する必要があります。

2.5インチ

主に一般的なノートパソコンに搭載されているハードディスクです。
一般的にノート用HDDと言われデスクトップパソコンよりサイズが小さいです。
機種や作りによってはもっと小さいサイズのドライブが取付けされていたり同じ2.5インチでもSSDが搭載されているパソコンもありますがSONY VAIO Lavie NEC 東芝dynabook 富士通FMVやパナソニックレッツノート DELL HPなど一般的なノートパソコンの主流はみな2.5インチです。
一般的にハードディスクが壊れたノートパソコンの修理ではこの2.5インチで交換するようになります。
液晶一体型パソコンでも機種により同じサイズが搭載されている機種もあります。
基本的に小さいサイズの液晶一体型の場合は2.5インチが取付けられている傾向があります。
以前東芝の液晶一体型パソコンの修理でハードディスク取り替える際に3.5インチだと思っていたら3.5インチのHDDマウント金具に2.5インチが取付けられていた機種があり驚いた経験があります。
同じ形をしているパソコンでも稀に3.5インチが取り付けされているのか2.5インチが取り付けられているのか分かれる機種もあります。
Windowsが起動する状態であればデバイスマネージャー上でドライブの型番を確認したり故障して起動しなくても認識する状態なのであればBIOSで型番を確認したり出来ますが故障して認識すらしなくなった場合は実際に分解して中に取り付けてあるハードディスクを取り外して見てみないとどの大きさで取替えて良いのか判りません。

1.8インチ

主に小型のノートパソコンに取り付けられているハードディスクです。
小さいサイズですので大容量のストレージがありません。
昔は日立 HGST・東芝・サムスンなどで1.8インチHDDを製造しており同サイズ搭載のノートパソコンも色々ありましたが近年では1.8インチの新しいモデルが見られず作られていないようです。
通常ノートパソコンの場合は2.5インチが搭載されている為、1.8インチが搭載されているかどうかはWindowsのデバイスマネージャーやBIOSでHDDの型番を確認しインチ数を調べるか実際にパソコンを分解して取り外し確認する必要があります。
小型や薄型のノートパソコンの場合は1.8インチが搭載されている可能性が高まります。
稀にスタンダードな機種でも省電力や軽量化の為に1.8インチが搭載されている機種もあります。
こちらのHDDが搭載されているノートパソコンの修理も部品の手配が出来ればまだまだ交換対応可能です。
1.8インチのSSDへ換装されるお客様もいらっしゃいます。


関連情報