「ハードディスクの問題が検出されました」のエラー修理

  1. TOP
  2. ハードディスク・HDD交換
  3. 問題が検出されました

「ハードディスクの問題が検出されました」の修理

ハードディスクの問題が検出されました

「ハードディスクの問題が検出されました」

Windows 7を起動した時に突然このようなウインドウが表示された経験はございませんでしょうか?
問題が検出された?ディスクの修理交換?起動するのに一体どう問題なのか??
警告を発するもののパソコンは動作するので表示されても故障と思わずそのまま使用し続けている方もいるかもしれません。

起動する度に検出され毎回閉じてそのまま使っていたが何だかWindowsの起動が段々遅くなったりフリーズしたりパソコンの動作が重くなったりして、やっぱりハードディスクに問題があるんじゃないか修理や交換しないとダメなのかと不安になる方もいるかもしれません。

一体この表示はどう言う意味なのか。
故障しているのか?どのような問題が検出されているのか。修理を要するのか。
本当の意味が判らないのでこのまま使い続けても大丈夫?と気になる方も多いと思います。

ウインドウ内のメッセージ内容

ハードディスクの問題が検出されました

データの損失を防ぐためにディスク上のファイルを直ちにバックアップしてから、コンピューターの製造元に連絡して、ディスクの修理または交換が必要かどうかを確認してください。

  • バックアップ プロセスを開始する(S)
  • 後でもう一度確認メッセージを表示する(A)

次回の警告の前にディスクで障害が発生する場合は、ディスク上のプログラムとドキュメントのすべてを失う可能性があります。

  • 今後この問題について確認メッセージを表示しない(非推奨)(D)

ハードディスクの障害を検知するとWindows上でこのようなメッセージのウインドウが表示される場合があります。

どのような問題なのか

一般的にハードディスクの自己診断(SMART)が障害を検知してWindows 7を介して問題が検出されましたと警告ウインドウを表示している状態です。

ハードウェアの障害・物理的な異常で警告表示が出ている状態です。
ソフトウェアの障害ではありません。

例外を除きハードディスクの故障です

問題が検出された場合はドライブをチェックディスクなどで修復してみても治りません。
機械的な問題なのですからソフトウェアレベルで修復しようとしてもダメです。
余計にコンディションを悪化させるだけです。
ウイルス・マルウェアの感染でもありません。

あとメッセージを非表示にするのも意味がありません。
問題があると教えてくれているのに非表示にしてしまう。

メッセージを消せばウインドウは表示されなくなりますがハードディスクは壊れたままですので何の解決にもなりません。

OSの入れ直しで改善はしない

通常ハードディスクに何らかの物理的な問題があります。
ハードで検出されているエラーですのでソフト的にどうにか修理する事はできません。

よってリカバリインストールやWindowsの入れ直しでは治りません。
再セットアップしてもフォーマットしても回復しません。

ハードディスクに障害がある状態でOSの入れ直しを行っても一般的には途中で失敗してWindowsも起動できない状態になってしまう事でしょう。

たとえ成功したとしても立ち上がった後に再び同じ検出されましたとエラー警告が表示されるだけです。
パソコンの動作は回復しませんしコンディションも状態が変わらないか更に故障の度合いが悪化する事でしょう。

修理するには部品の交換が必要

エラーウインドウが出ている状態でそのままパソコンを使用し続けてもどんどん壊れていくだけで勝手に改善する事はありません。
ドライブの問題であり故障ですので修理する場合はハードディスクの交換が必要です。

パソコンの状態によってはデータを保持したまま処置できる場合もございます。
早めに対処する事により最善の修復が行える可能性が高まります。
修理する場合は当店の交換サービスをご検討ください。

警告ウインドウの詳細表示

「ハードディスクの問題が検出されました」と言う警告ウインドウ内の左下の詳細の表示をクリックすると

直ちに実行する手順
ディスク障害が発生すると、そのディスク上のすべてのプログラム、ファイル、およびドキュメントが失われるため、重要な情報を直ちにバックアップする必要があります。ハードディスクを修理又は交換するまで、コンピューターを使わないようにしてください。
障害が発生しているディスクの確認
次のハードディスクで障害が報告されています :
ディスク名:(HDDの型番)
ボリューム: C:\;D:\

などのメッセージが表示されて問題が検出されたディスクの型番とドライブパス(ディスクボリューム)など障害情報が確認できます。

検出されたら正常に動作しない

通常ノートや液晶一体型パソコンの場合はハードディスクが1台しか搭載されていませんので問題が発生しているドライブはWindowsが入っているCドライブ(システムドライブ)も含まれると言う事になります。

Windowsが入っているドライブに問題があるのであれば正常にデータアクセスできませんので正常に動きません。
デスクトップでもスリムタイプなどで1台しか搭載されていないのであれば同じです。
そのドライブに問題が発生していると言う事になります。

例えばタワー型パソコンなどで2台のハードディスクが搭載されている場合で双方とも単体のストレージとして使用している場合は、システムドライブ側で問題が発生しているのか、あるいはデータドライブとして使用している側で問題が発生しているのか確認する必要があります。

一番最初にエラーが発生した時点で既に故障

この警告が表示された場合、一番最初にこのウインドウが現れた時点で既にハードディスクに異常があると言う事になります。

通常であれば動作時の異常が蓄積されて限界を超えた場合に表示されるものですのでエラー警告が表示される前から既にWindowsの動作に問題が起きて異変に気がつく方もいらっしゃるかもしれません。

パソコンの動作がいつもより遅いなぁと感じたり通常時と比べてWindowsの起動が極端に遅かったり何かのファイルの読み込みに失敗したりファイルの保存やコピーに失敗したりソフト・アプリの起動に失敗したりエラーが表示されたりなど何か異変に気がついた場合は早めのに確認して対処する準備をされるようお勧めします。

ハードディスクの問題が検出された場合は修理する前にデータのバックアップ

修理する部分に関してはハードディスクの交換が必要ですが、その前に行うべき事としてはデータのバックアップです。

もし大切なデータ(個人で保存・作成したファイルなどユーザーデータ)がある場合は至急外付けHDDなど別の媒体へバックアップをお取りください。

Windows標準機能はお勧めしない

バックアップをとる際にウインドウ内のバックアッププロセスを開始する(バックアップと復元)からの実行はお勧めしません。

既に問題が起きている状態でwindows標準機能のバックアップを使用した場合、既にその対象データに損傷や遅延がある場合はエラーで失敗したり長時間かけても途中から進まないなど完了できず何もバックアップできずにHDDに余計な負荷負担をかけてコンディションを余計に悪化させてしまう本末転倒な事になってしまうリスクが高くなるからです。

ましてやシステムイメージ作成での丸ごとバックアップなどを行えば失敗するリスクは更に高くなります。
本当に大事な個人ファイル・ユーザーデータがある場合は、手動で個別にファイル単位なりフォルダごとなりでUSBメモリや外付けストレージなどへデータのコピーを行う方法で取られるようお勧め致します。

退避できない場合は

もしWindowsもまともに操作できないほど動作が悪化したり手動でコピーも失敗する状態でそれでも何とか保存されている写真の画像ファイルや映像の動画ファイル・オフィスのワード・エクセルファイルなどを取り出したい。
救出したいと言う場合は当店のデータ復旧サービスをご検討ください。

修理する際に交換サービスと同時に復旧サービスも利用されるお客様も多々いらっしゃいます。
異常な状態でむやみに動かせば取り出せるデータも取り出せなくなってしまいますので危ないと感じたら以後通電させずご相談ください。