ハードディスクの問題が検出されましたのエラー

  1. パソコン修理
  2. ハードディスク交換・HDD交換
  3. ハードディスクの問題が検出されました

Windows7で「ハードディスクの問題が検出されました」と表示される。

ハードディスクの問題が検出されましたのエラー表示

ハードディスクの問題が検出されました
データの損失を防ぐためにディスク上のファイルを直ちにバックアップしてから、コンピューターの製造元に連絡して、ディスクの修理または交換が必要かどうかを確認してください。

  • バックアップ プロセスを開始する(S)
  • 後でもう一度確認メッセージを表示する(A)

次回の警告の前にディスクで障害が発生する場合は、ディスク上のプログラムとドキュメントのすべてを失う可能性があります。

  • 今後この問題について確認メッセージを表示しない(非推奨)(D)

このエラー表示はどのようなハードディスクの問題なのか
このエラーメッセージは、一般的にハードディスク自体の自己診断(SMART)がハードディスクの障害を検知してWindows7を介してハードディスクの問題が検出されましたと警告ウインドウを表示している状態です。

この問題はWindowsの入れ直しでは治らない
通常ですとハードディスクに何らかの物理的な問題があります。
ハードの問題ですのでリカバリインストールやWindowsの入れ直しでは治りません。
ハードディスクに問題がある状態でリカバリインストールやWindowsの入れ直しを行っても一般的には途中で失敗してWindowsも起動できない状態になってしまいますし、たとえリカバリインストールやWindowsの入れ直しが成功したとしても再びハードディスクの問題が検出されましたとエラー警告が表示されるだけです。

ハードディスクの交換が必要
エラーウインドウが出ている状態でそのままパソコンを使用し続けてもどんどん壊れていくだけで勝手に回復する事はありません。
HDDの故障ですのでハードディスクの交換が必要です。
状態によっては現状のWindows環境や保存ファイルや設定やインストール済みのソフトなどその時点のデータ・環境を丸ごとそのまま引き継いでハードディスクの交換(データ環境移行・HDDクローン換装)ができる場合もございます。
パソコンを修理する場合は当店のハードディスク交換サービスをご検討ください。

ハードディスクの問題が検出されましたのウインドウ詳細表示
尚、警告ウインドウ内の左下の詳細の表示をクリックすると
直ちに実行する手順
ディスク障害が発生すると、そのディスク上のすべてのプログラム、ファイル、およびドキュメントが失われるため、重要な情報を直ちにバックアップする必要があります。ハードディスクを修理又は交換するまで、コンピューターを使わないようにしてください。
障害が発生しているディスクの確認
次のハードディスクで障害が報告されています :
ディスク名:(HDDの型番)
ボリューム: C:\;D:\
などのメッセージが表示されて問題が発生しているHDDとそのHDDで使用されているドライブパス(ディスクボリューム)が確認できます。

ハードディスクの問題が検出されたWindowsは正常に動作しない
通常ノートパソコンや液晶一体型パソコンの場合はハードディスクが1台しか搭載されていませんので問題が発生しているHDDはWindowsが搭載されているCドライブ(システムドライブ)も含まれると言う事になります。
Windowsが入っているドライブに問題があるのであれば正常にHDDのデータにアクセスできませんのでWindowsは正常に動きません。
デスクトップパソコンの場合もスリムパソコンなどで1台しかHDDが搭載されていないのであれば同じです。
そのハードディスクに問題が発生していると言う事になります。
例えばタワー型パソコンなどで2台のハードディスクが搭載されている場合でHDD双方とも単体のドライブとして使用している場合は、システム(Windows)が含まれているドライブ側のHDDで問題が発生しているのか、あるいはデータドライブとして使用している側のHDDに問題が発生しているのか確認する必要があります。
※ハードディスクの問題が検出されましたと表示されているHDDはどのHDDに対して問題が検出され警告が表示されているのか確認

問題検出のウインドウが一番最初に表示された時点で既にHDDが壊れている
尚、このハードディスクの問題が検出されましたと言うエラーウインドウが表示された場合、一番最初にこのウインドウが表示された時点で既にハードディスクに問題がある(HDD異常)
と言う事になります。
通常であればHDD動作時の異常が蓄積されて限界を超えた場合に表示されるものですのでハードディスクの問題が検出されましたのエラー警告が表示される前から既にWindowsの動作に問題が起きて使用している際に異常に気がつく方もいらっしゃるかもしれません。
パソコンの動作がいつもより遅いなぁと感じたり通常時と比べてWindowsの起動やパソコンの動作が極端に遅かったり何かのファイルの読み込みに失敗したりファイルの保存やコピーに失敗したりソフト・アプリの起動に失敗したりエラーが表示されたりなど何か異変に気がついた場合は早め準備・確認・対処をお勧めします。

ハードディスクの問題が検出されましたと表示された場合の対処方法

まずはデータのバックアップ
パソコンを修理する部分に関してはハードディスクの交換が必要ですが、その前に行うべき事としてデータのバックアップです。
ハードディスクの問題が検出されましたと表示された場合でもし大切なデータ(個人で保存・作成したファイルなどユーザーデータ)がある場合は至急外付けHDDなど別の媒体へバックアップをお取りください。

Windows標準機能のバックアップはお勧めしない
この際にハードディスクの問題が検出されましたと表示されているウインドウ内のバックアッププロセスを開始するからの(バックアップと復元からの)バックアップはお勧めしません。
既にHDDに問題が起きている状態でwindows標準機能のバックアップ(今すぐバックアップ)などでバックアップした場合、既にそのバックアップ対象のデータに損傷や遅延がある場合はエラーで失敗したり長時間かけてもバックアップが途中から進まないなどバックアップが完了できず何もバックアップできずにHDDに余計な負荷負担をかけてHDDのコンディションを余計に悪化させてしまう本末転倒な事になってしまうリスクが高くなるからです。
ましてやシステムイメージ作成での丸ごとバックアップなどを行えば失敗するリスクは更に高くなります。
本当に大事な個人ファイル・ユーザーデータがある場合は、手動で個別にファイル単位なりフォルダごとなりで外付けHDDなどへコピーを行う方法でバックアップを取られるようお勧め致します。

バックアップできない場合はデータ復旧サービスもご検討ください。
もしWindowsもまともに操作できないほど動作が悪化してしまった場合や手動でコピーをしようとしても途中でエラーになり失敗してバックアップもままならない場合でそれでも何とかHDD内に保存されている個人ファイル・ユーザーデータを取り出したい。
データを救出したいと言う場合は当店のデータ復旧サービスをご検討ください。
HDDが故障したパソコンを修理する際にハードディスク交換サービスと同時にデータ復旧サービスも利用されるお客様も多々いらっしゃいます。
異常な状態でむやみに動かせば取り出せるデータも取り出せなくなってしまいますので危ないと感じたらパソコン(HDD)を通電させず動作させずご相談ください。

まだリカバリディスクを作成されていないお客様

データのバックアップ不要あるいはバックアップを行って完了されたお客様で、次に行うべき作業として考えられるのはメーカー製パソコンを使用している場合で故障以前にリカバリディスクを作成されていないお客様が対象となりますが、リカバリディスクの作成です。

リカバリディスクは本来万が一に備え前もって作成しておくもの
一般的にメーカー製パソコンの場合はハードディスクの中にリカバリ領域があって万が一に備えてユーザー様自身でリカバリディスク作成ツールの類を利用して作成して取って置くのが通常ですが、リカバリディスクを作成しておらずハードディスクの問題が検出されましたとエラー表示されてもそのまま使用していてどんどん悪化しWindowsがまともに動かなくなったりWindowsが起動出来なくなったりした後にハードディスク交換のご相談を頂く場合も多いです。
もし作成できるぐらいまだwindowsが動作できるのであれば至急リカバリディスクを作成ください。

リカバリディスク

DVD-Rに作成したリカバリディスク

リカバリディスクが作成できない場合はご相談ください。
もしwindowsは何とか起動するが正常に操作できないほど状態が悪いと言う場合やリカバリディスクの作り方が判らないと言う場合は、合わせて当店へ委ねられた方が良いかと思います。

動かせば動かすほどHDDが悪化するのが通常です。
ハードディスクの物理的な問題はハードディスクを交換しないと直りません。

もしリカバリディスクを作成しておらずwindowsも起動しなくなってしまった場合やまともに動かず作成が困難な場合又はリカバリ領域はあるがリカバリディスクを作成出来ない機種などであっても当店でリカバリインストールで対応出来る場合もございますので、諦めずに一度ご相談ください。

何故リカバリディスクが必要なのか
ハードディスクの問題が検出されましたとエラーが表示されたパソコンはハードディスクを交換しなければなりません。
新しいハードディスクには何もデータが入っていませんので当然windowsも入っていません。
ハードディスクを交換しただけではパソコンの電源を入れてもwindowsは起動しませんし使用できない訳です。
交換したハードディスクにwindowsをインストールしなければなりません。
そこで通常使用するのがリカバリディスクです。
新しいハードディスクにリカバリディスクを利用して工場出荷時状態相当のWindows環境をインストール(リカバリインストール)してWindowsを正常に起動できるよう使用出来るようにするのが通常の対応法(HDD交換+リカバリインストール)となります。
メーカー製パソコンをご使用のお客様でリカバリディスクを作成していない場合は、バックアップと同じく直ちにリカバリディスクもお作りください。

データを残したままハードディスク交換修理が出来る場合もあります

ハードディスクの問題が検出されましたとエラー表示されても、初期段階である程度まともに動ける場合は、ハードディスク交換の際に現状の環境を丸ごと移行するデータ環境移行で対応出来る可能性もございます。

尚、データ環境移行(丸ごとデータコピー・HDDクローン作成)での対応は、現状でwindowsが稼動しておりHDDに異常が無い事が前提となり、主として現状で動作に問題なくHDDの故障予防としての交換や容量アップグレードでの交換などに利用出来るものなので、たとえwindowsが稼動していてもハードディスクに物理的な問題・異常がある場合は必ずしも成功する保証はございません。

よって、ご希望あればデータ環境移行を試み致しますが試みてもし無理な場合はリカバリインストールでの対応となります。

今まで希望により試みてデータ環境移行で成功した実績も多くございますので、もしこの方法を希望される場合はご相談ください。

目安としてハードディスクの問題が検出されましたと表示されていても現時点で問題なく稼動しているのであれば、データ環境移行で対応できる可能性は高いと思いますが、windowsが起動しても異常に遅かったり、まともに動かない場合は対応できる可能性は低いと思います。

理屈的には軽度の不良セクタやデータアクセス応答遅延ぐらいまでであれば当店で何とかHDDクローン換装で対応しますがセクタの異常遅延が多量にある又は不良セクタが多量にありまともに進めない場合は、この方法で対応する事が出来ません。

この方法で成功する場合はその時点でのWindows環境も保存データも設定も全て残ります。

ハードディスクの問題が検出されましたと同様のエラー表示

windows上でハードディスクの問題が検出されましたと表示される機能と同様にBIOSレベルでも警告が表示されるパソコンもあります。

パソコン起動時に「SMART機能でエラーが検出されました。」 (HDDの型番)
警告:すぐにデータをバックアップして、交換してください。
ハードディスクドライブ。故障が発生する可能性があります。」と表示される。

SMART Failure Predicted on Hard Disk (HDDの型番)
WARNING:Immediately back-up your date and replace your hard disk drive
A failure may be imminent.

Hard Disk:S.M.A.R.T. Status Bad Backup and Replace

いずれもハードディスクのSMARTで異常警告が出ているものですので、ハードディスクに何らかの物理的な障害・問題を抱えているものと考えるのが自然です。

ハードディスクの問題が検出されましたと表示されるエラーやSMARTエラーが表示されているパソコンで最も多いのはセクタの損傷障害で代替セクタが補填されその限界値を超えて異常警告を発するハードディスクが多いです。

パソコンを修理する場合は基本的にハードディスクを交換しないと直らず異常警告が消えません。

異常ハードディスクのSMART値

異常SMART値の確認。
代替セクタ処理が限界を超えた状態。

CrystalDiskInfoでのHDD確認

異常SMART値の確認。

尚、このハードディスクの障害は変な言い方になりますが親切な故障と考えます。
自分はもうダメだぁと教えてくれる訳ですから。
壊れてしまう事に対しては残念ですが突然ハードディスクが壊れて全く応答しなくなるよりよっぽど良いです。

ハードディスク障害の一例ですが、その他様々な症状でハードディスクの故障・異常の可能性が考えられます。

実際に診させて頂きハードディスクの異常が確認できる場合、新しいハードディスクに交換する事が可能です。
パソコンの状態・症状をお知らせいただきご相談ください。