Cドライブの空き容量を増やす

  1. パソコン修理・データ復旧
  2. ハードディスク交換・HDD交換
  3. Cドライブの空き容量を増やす

Cドライブの空き容量を増やす 少ない空き領域の改善

「Windowsの容量を増やしたい」「Cドライブの空き容量が不足して少ないので解消したい」「Cドライブの容量が残り少ないのでHDDを交換して容量を増やしたい」
不要なデータを削除したり何とかやりくりしてきたがCドライブの容量が満杯でほぼ0になってしまった。

Cドライブの空き容量を増やしたいとお問合せ頂く大半の目的はCドライブの空き領域が少なくなっているので大容量のHDDへ交換して容量不足を解決したいと言うものです。

パソコン修理ではないが残り少ないCドライブの空き容量を改善するため大き目のサイズのHDDへ交換したいとご相談いただく事も多くあります。

解決方法

Cドライブの空き容量が少ないパソコンの容量不足を解決する方法はHDD交換以外でも幾つか方法があります。
しかし殆どのパソコンではHDDを交換する以外では劇的にCドライブの空きを増やすと言う事はできません。

色々試行錯誤して不要なファイルを削除して毎回Cドライブの空き容量を増やしたかと思えばまた空き容量が少なくなってしまう。
データ量が増えたり減ったりを繰り返して限界になりHDD交換を依頼される。
そのようなパターンが多いです。

最終的に取り替えるならば最初から大容量のハードディスクへ取り替えてしまえばCドライブの空き容量も一気に増えて何も悩まず容量不足が解決します。

同じサイズで変更する場合は変わりませんが元より大きい容量のHDDで交換すれば増えた分をCドライブなり他のドライブなり丸々データを保存できる領域として活用できるようになるのです。
ですので増えた分をWindowsのパーティションへ結合させれば少ないCドライブの空き容量を増量できると言う事になります。

例えば元々500GBのHDDが搭載されていたパソコンを1TBに変更すれば実質500GB
2TBの場合は実質1.5TBもの容量を割り増しできるのです。
これだけのサイズをCドライブの+αとして活用できるのですから空き領域不足で少ない場合はとても有効な方法です。

Cドライブの空き容量不足 少ない場合は増やす必要有り

Cドライブが少なくなると通常windows上のタスクトレイで「ディスク領域不足」のメッセージが表示されます。

他のドライブで発生する場合はまだ良いですがシステムドライブとしてこの容量不足の表示が現れたら深刻な問題ですので早急に空きを増やすために何らかの処置が必要です。

それ以前に領域不足問題はコンピュータのCドライブの使用領域バーが赤になっている時点で何らかの対処をしておくべきです。

システム領域の空き容量が極端に不足するとパソコンの動作が遅くなったり不安定になったりパフォーマンスが極端に低下してしまいます。

不測のトラブルが発生したりOSが安定して稼動できなくなります。

Windowsを実際に使用しているユーザーがファイルを保存して消費すると言う以外にも何かのキャッシュであったりバックグラウンドで動いて見えない部分でも常にデータは作られディスクスペースは減ります。
このように立ち上がった後にも色々な面でデータを消費しますので極端に少ない場合はスペースの確保が重要です。

ある程度パソコンを快適に使用できるようにするために、また意図しないトラブルに巻き込まれないためにもディスクスペースにはある程度余裕をもって使用されるようおすすめ致します。

HDD交換でCドライブの容量を増やす方法 空き領域不足の問題も解決

物理的な異常・不具合がなければ元のストレージ容量よりサイズアップしたHDDに取り替えてデータを消さずにwindowsの空き領域を広げる事ができます。

簡単に言えばHDDの完全なバックアップを作って入替えて増量分をCドライブにくっ付けると言うものです。

作業の流れ

まずパソコンを分解して内蔵HDDを取り外します。

取り外せたら次にクローン作成です。
準備したHDDへデータをコピーして複製を作ります。
この作業を行う事によりCドライブ含め今までのwindows環境・保存ファイル・フォルダ・設定・導入済みアプリなど丸ごと維持したまま入替える事ができます。
データ環境の移行・引越しです。

クローンの作成が完了すれば完全なバックアップが出来上がりです。
このHDDをパソコンに取り付けします。
分解手順と逆の方法で組み戻せば交換作業は完了です。

次にパーティションの調整です。
増量した分をシステムに統合します。
未使用部分はセクタの後方に出来ますので他にも領域がある場合はWindowsが入ってる領域の隣まで持って来ます。
その後Cドライブの拡張・未使用との合体です。
丸々割り当てれば空き容量がMAXまで増やせます。

調整完了後に起動を確認して問題なくWindowsが立ち上がればコンピューターのCのハードディスクドライブのプロパティから使用領域と空き領域を確認し増えている事を確認して再起動・終了動作をチェックして終了です。

これで今までと変わらずデータも消えずにCドライブだけ容量が増えます。

当店ではハードディスクの故障で修理を行うだけでなくアップグレードでの換装もやっていますので容量不足でお悩みの際には是非当店の交換サービスをご検討ください。
尚、スペースが少ないSSDから容量アップでのSSD換装も対応しております。