リカバリディスクの作成方法 故障する前に

  1. TOP
  2. ハードディスク交換
  3. リカバリディスクの作成

リカバリディスクの作成方法 ハードディスク交換修理にも使用する

リカバリディスクとはパソコンを初期化するときに必要なディスクのことです。
リカバリメディアとか言う事もあります。
メーカーによっては呼び名が違う場合もあります。
NEC LaVie VALUESTARなどのパソコンでは再セットアップディスク・再セットアップメディアと言いますが名称が違うだけで理屈は同じです。

メーカーで言うリカバリは工場出荷時相当のWindows環境に戻す意味があります。
簡単に言えばパソコン購入時相当の状態へ戻したい場合に使用するディスクです。
リカバリーとは回復や復旧の意味があります。
すなわち初期状態に回復させると言う事です。
このような元の状態へ戻す作業・システムを初期状態へ戻す作業をメーカーでは一般的にリカバリインストールと言います。

Windows 98など昔の機種は大概どのパソコンでもこのディスクが付属していました。
しかしXPの頃からか付属されない機種が増えてきました。
ハードディスク内にリストア・リカバリ領域を設けてそこから初期化できるようにしたのです。

それと同時にユーザーの方でCDやDVDやBDなどに作成できるようにしました。
今まで付属していたディスクをセルフで作る必要があるのです。

不具合がある場合
通常であれば単に不具合でWindowsやCドライブの中身が壊れてしまった場合は普通にハードディスクのリストア領域から初期状態へ戻せます。
しかし例えば誤って全データを消去してしまったりパーティションテーブルの異常などで内部から実行できないほど論理的にクラッシュしてしまった場合はリカバリ領域から行う事が出来なくなってしまうのです。

万が一に備え
そのような万が一の時に備えて一般的にはパソコン購入後正常に稼動している内にマニュアル等に沿って各メーカーのツールを使用して作成し保管しておくようになっています。
外部媒体へ取っておけば何かトラブルがあった時にも安心です。
ディスクを作成しておかないと内蔵のリストア領域が壊れた時に元に戻せる素材が何も無いと言う事になってしまいます。
リカバリインストールとはwindows含めて工場出荷時の環境を導入する事です。
ですのでこの戻す方法が無くなってしまうと極論windowsを入れられないと言う事になってしまうのです。
ディスクの作成はメーカー機種を使用する上でとても重要です。

機種によっては作成できないパソコンもあります。
そのような機種はHDDを丸ごとバックアップできるようなソフトでバックアップイメージを作るかシステムイメージの作成などでイメージデータを取っておくとかシステムファイル入りの回復ドライブをUSBメモリに作っておくなど何らかの方法でそのリストアイメージ単体で元に戻せるような素材を作っておく必要があります。

内部ストレージの故障で修理する際にも通常、リカバリディスク(メディア)が必要となります。
壊れてしまった場合は新しい正常なハードディスクに取り替えなければ直りません。
しかしこれだけではwindowsは起動しません。
新しい記憶ストレージにはOS含め何もデータが入ってないからです。
どのようにwindowsを入れるのか。
工場出荷時の状態にしたい場合は基本的にこのディスクを使用して行います。
ですので前もって作って置かないと出来なくなってしまうのです。
もし正常に動作している状態でまだ作っていないお客様は万が一に備え至急お作りください。
もし内部ストレージが故障してしまい修理を依頼したいが作成していなかった場合でもハードディスク交換時にリカバリインストールで対応できる場合もございます。
その際はお持ちでない旨を合わせてご相談ください。

使用するメディア
各メーカーの作成ツールにより使用できるメディアも様々です。
昔のパソコンはCD-R又のみとかCD-RとDVD-Rの併用で書き込むのが主流でした。
CD-RWドライブやDVD読込みのみのコンボドライブの場合はCD-Rに書き込むしかありません。
複数枚に書き込みます。時には作成に10枚を超えるものもあります。
CD-Rは書き込める容量が小さいからです。
その後DVDマルチドライブ搭載が主流になってきた世代はDVD-Rに書き込んで作成します。
機種により枚数は異なりますがDVD-R複数枚に3、4枚とか6枚とか様々です。
作成ツールによっては2層タイプのDVD-R DLを使用できるものもあります。
その他BDドライブ(ブルーレイディスクドライブ)が搭載されている機種の場合はBD-Rに作れるものもあります。
ブルーレイは大容量ですので一般的に1枚のみで作成が完了します。
その他USBメモリに作れる機種もあります。
Windows 10などのパソコンでは作成ツールを提供せずシステムファイル入りの回復ドライブを代わりに使用する機種もあります。
昔から一般的にリカバリする事ができる外部媒体をディスクと言いましたが現在はメディアと言い方を変えているメーカーもあります。
リカバリメディアとか再セットアップメディアなど名称を変更した作成ツールは、このUSBメモリーが作成対象に加わったからです。
USBメモリーはディスクではないので幅広い名称でメディアと言い方が変わっていますが用途は同じで変わりません。

作成方法
作れる機種は最初から作成ソフトやプログラムがインストールされています。
マニュアルに記載されている作成方法などを参考にプログラムからツールを立ち上げて画面の指示にしたがって作り上げます。
DVD-Rで作成する場合は複数枚になるはずです。
各メーカーや発売時期によりソフトの名称も様々です。