ハードディスクが認識しない修理

  1. TOP
  2. ハードディスク交換
  3. 認識しない

ハードディスクが認識しない故障の修理

突然ハードディスクが認識しなくなってしまった。パソコンで認識しない。
HDDから異音が聞こえたりなど認識しなくなる故障の症状も様々です。
このようなハードディスクは故障なのでパソコンの修理が必要です。

なぜハードディスクは認識しなくなるのか。
故障してストレージ自体の起動が確立できないとHDDをパソコンのBIOSで認識しなくなります。

CドライブにはWindowsが入っていますのでハードディスクが認識しないと起動出来なくなってしまいます。

故障で認識しないパソコンはみなハードディスクの交換修理となります。

ハードディスクは自身のファームウェアを読み込み起動が完了する事によりデータにアクセス出来る様になりますが、その準備が整わないと未認識となりパソコンで認識できず故障となる為ユーザーデータに全くアクセス出来なくなりWindowsも起動出来ません。

ヘッドが壊れればファームを読み込めずドライブが認識しなくなります。
基板(PCB)が壊れてもドライブは認識しません。
プラッタ内のサービスエリア(SA)が破損すればファームウェアの破損又は一部破損によりハードディスクが認識しなくなったり誤認識したりします。

これら認識しない現象はドライブ自体が故障していますのでパソコン修理をする場合は正常なHDDへ交換をしないと修理できません。
このような症状はデスクトップ・ノートパソコンメーカー問わず当店の交換サービスをご検討ください。

認識しないとパソコン(Windows)が起動しない

パソコンのBIOSと言う入出力システムでハードディスクが認識していないとWindowsが起動しません
その場合画面上にエラーや警告メッセージが表示され停止するパソコンもあります。

認識不良の故障で止まった画面の事例1

No bootable deviceで起動しない

No bootable device -- insert boot disk and press any key

No bootable device -- insert boot disk and press any keyのNo bootable deviceとはブートするデバイスが無いと言っています。
通常ブートデバイスはハードディスクです。
ブートさせWindowsを起動させます。
ところがそのハードディスクが故障して認識しないとパソコンのBIOSでブートするデバイスがなくなりブートするものが無いとメッセージを発します。
insert boot disk and press any keyは立ち上げるドライブが何もないのでブートディスクを入れてキーを押して立ち上げてくれと言っています。
No bootable deviceはハードディスクが認識していない故障で交換修理を要する疑いがあります。

認識不良の故障で止まったパソコン画面例2

認識せずブートしない

DISK BOOT FAILURE INSERT SYSTEM DISK AND PRESS ENTER

ドライブが認識しなくなるとDISK BOOT FAILURE INSERT SYSTEM DISK AND PRESS ENTERと表示されてwindowsが起動しなくなるパソコンもあります。
DISK BOOT FAILUREとはディスクのブートが失敗したと言う意味です。
通常ブートするデバイスはハードディスクだけですので認識しなくなるとブートするディスクが無くなる為、このようなメッセージが表示されます。
INSERT SYSTEM DISK AND PRESS ENTERとはディスクブートが失敗した為にシステムディスクを入れてエンターキーを押してくれと言う表示です。
DISK BOOT FAILUREが表示されるパソコンもドライブの認識不良で交換修理を要する疑いがあります。

またPrimary master hard disk failやPrimary Master Hard Disk Errorと表示される機種もあります。
通常どおりドライブが認識が出来ずパソコンが異常を検知して止まるものです。
Primary master(プライマリ マスター)とは通常ハードディスクでシステム(Windows)が入っているディスクです。
このディスクが認識できない為、発生する場合もあります。
このような症状も故障の疑いがあり修理する場合はハードディスク交換が必要です。

その他の認識しない症状としてはハードディスクに障害があるがパソコンで検出出来るよう頑張る為、メーカーのロゴ表示でしばらく止まったまま画面が切り替わらない場合もあると思います。

パソコンのBIOSで認識しない

実際にハードディスクが認識していないのか容易に確かめる方法はBIOS画面での確認です。
セットアップ画面にはストレージが検出できているかどうか確認する項目があるのが一般的です。

尚、通常はパソコンの電源を入れて起動ロゴ(メーカーロゴ)画面時にF2キーやdelキーなどを入力するとBIOSの管理画面に入れますがそこのHDD部分の項目を確認する形になります。

参考例1 デスクトップパソコンのBIOS画面

認識しない故障例1

Secondary Slaveの光学ドライブ以外Noneとなっていて検出不能な状態

この写真はデスクトップパソコンの修理で不具合を確認した時の写真です。
DVDドライブは認識していますがそれ以外は全部Noneです。
本来であればNoneと表示されている項目にハードディスクの型番が表示されていなければなりません。
ハードディスクは問題なくてもNoneと表示される可能性も幾つかありますが一番最初に疑うのはやはりストレージの故障です。
こちらのパソコンはハードディスクが機械的に壊れてしましたので部品の交換修理となりました。

参考例2 ノートパソコンのBIOS画面

認識しない故障例2

Hard diskの部分が[Not Detected]となっており認識していない状態。

こちらはノートパソコンのハードディスクの交換修理でBIOS画面を確認した時の写真です。
Hard diskの項目がNot Detectedとなっています。
Not Detectedとは検出されないと言う意味でディスクが検出されない=認識できない状態です。
こちらのノートパソコンもディスクドライブ故障の為、部品の交換修理となりました。

ちなみに一般的に電源を入れて起動ロゴ(メーカーロゴ)すら表示されない状態の場合はマザーボードやメモリやCPUなどその他に問題がある可能性が考えられます。
(通常使用時表示されない高速起動タイプを除く)

何故パソコン(BIOS)で認識しないのか

何故BIOSでハードディスクが認識できないのか可能性として考えれば色々考えられます。

  • 記憶ストレージ側の問題
  • マザーボード側の故障
  • ケーブル・コネクタの破損や外れ・接触
  • 電源の問題

などなど可能性を考えれば色々ありますが一番最初に疑うべき部分はやはりハードディスクです。

通常であればハードディスクの故障と考えられます。
BIOSで認識出来ないと言う場合はハードディスク自体の起動を確立させる為にファームを読み込もうとしているが読み込めず読み込みをヘッドが繰り返している状態でいわゆる内部から異音が繰り返し発生している状態の場合があります。
(カツンカツン音・カッコンカッコン音などの異常音

あとは逆に異音が発生しない場合もあります。
モーターすら回らない場合やプラッタは回転するがヘッドが動かない場合やファームを読み込めたが不完全で起動を確立出来ない状態の場合もあります。
BIOSで認識しても不完全な場合、正常なドライブの型番として正常に認識出来ないものもあります。(誤認識)

この認識しない状態は、劣化や消耗と言うよりは突然の故障と考えた方が良いでしょう。
中のデータ領域のコンディションが悪いとか以前の問題で完全にドライブの故障です。

ハードディスクが故障したパソコンのデータ復旧も承っております

パソコンで認識しなくても必要なデータの復旧・ファイルを救出できる可能性がございます。
BIOSで検出しなかったり反応しない状態だと一番重症な重度の物理障害となる為、取り出しが難しくなりますが実際に診てみない限り復旧してファイルを取出せる可能性はございます。

診断で救出可能な場合ハードディスクの中に入っているデジカメで撮った写真データ画像ファイル・個人で作成したワード・エクセルなどのユーザーデータ・映像・動画ファイルなど必要なデータを出来る限り復旧し救出致します。

障害のある記憶ストレージは動かせば動かすほど状態は悪化して救出できるものも出来なくなってしまいますので認識しない症状で復旧・救出を希望される場合は以後通電されないようお願いします。

パソコン内蔵や外付けのHDDまでデータ復旧・救出・ファイルの取出しはケーズファクトリーへお任せください。