Windowsが起動しないパソコンの修理

  1. TOP
  2. ハードディスク交換
  3. 起動しない

Windowsが起動しないパソコンの修理

突然Windowsが立ち上がらなくなった。OSが起動しない。
このような起動不能の故障でパソコンを修理する場合も多いです。

Windowsを修理する場合もソフトの問題で起動しないのかあるいはハード障害で動かないのか起動しない故障箇所により修理を要する部分も様々です。

「Windowsがどのように起動出来ないのか」「立ち上がらなくなるまでの経緯」など「動作不能時の状態」「症状」などにより起動しないパソコンを修理する際に疑うべき故障箇所も色々考えられます。

OSが立ち上がらないトラブルの修理は様々ありますがハードの不良で起動しない故障の代表的なものはハードディスクの故障によるものです。

主な症状

  • BIOS画面やメーカーロゴ画面は表示されるがその後切り替わらない
  • Windows 8 / 8.1 / 10で自動修復されるが起動に失敗
  • 電源ボタンを押すとモニターに黒い画面でエラーメッセージが表示される止まる
  • Windows起動ロゴやようこその画面で起動が止まる
  • 起動途中でブルーバックエラーが発生して勝手に再起動がかかる
  • いつまで経っても立ち上がらずデスクトップ画面もたどり着けない
  • Windows Vistaや7で修復画面に移行されるが完了しても起動しない

その他にも色々ありますがこれらの症状の場合はハードディスクの故障で起動しない疑いがあります。

ハードディスクの問題で起動しないパソコンは新しい部品に交換してハードの修理を行いOSを導入しソフトも正常にすれば再びWindowsが使えるよう動作が回復します。

Windowsが起動しない場合とパソコンが最初から反応しない場合は修理が違う

当店ではWindowsが起動しなくなったとかパソコンが動かなくなったので修理したいなどのご相談いただく事が多々あります。

注意点として双方は同じ問題ではなく動かない部分の違いにより故障を疑う箇所も違うと言う事です。
故障箇所が違えば当然修理する部分も作業内容も変わってきます。
まずWindowsかそれ以前にパソコンが起動しない状態なのか症状を把握する事が必要です。

一般的に前者はパソコンそのものは始動しているがOSのブートに進まないあるいはブートに失敗している状態を言います。
一方、後者は例えば電源が入らない・電源を入れても何も画面に映らないなどパソコン自体の起動準備が整っていない状態で通常であればBIOSが動いていない・POST処理の途中でフリーズしているなどが考えられます。

全く起動しないパソコンの修理 ハードディスク交換事例

通常のパソコンは電源を入れるとWindowsの起動が開始されます。
しかしながら障害が起きると最初のメーカーゴロ画面は表示されるもののその後OSのブートに進まず全く動かなくなり起動が開始されない故障もあります。
そのような起動しない症状を改善させる場合原因も様々ですが代表的なのがハードディスクの故障です。

メーカーロゴ画面のままフリーズのWindows修理

NEC Lavieノート起動不能

NEC Lavieノートパソコンの写真
メーカーロゴ画面から切り替わらず起動しない故障

こちらはNEC Lavieノート始動時の確認写真です。
NECのロゴ画面から切り替わらずOSが立ち上がりませんでしたが確認したところハードディスク認識不良でした。
正常な部品に取り替えて再セットアップでOSを導入し動作復旧です。

メーカーロゴ画面のまま止まる場合は同様にストレージの認識障害の可能性が考えられます。
ロゴ画面の裏ではBIOSのPOST(Power On Self Test)機能でハードの自己診断が入りますので認識に障害があればチェックが終わらず止まってしまいます。

尚、高速ブートモードに対応するパソコンはメーカーロゴ画面が出ない場合もあります。

画面が真っ暗でアンダーバーで止まるWindowsの修理

SONY VAIO起動不能

SONY VAIO一体型パソコン症状確認写真
画面真っ暗でアンダーバーのまま止まって起動しない故障

次の事例の症状としてはメーカーロゴ画面が表示され画面が切り替わるがその後真っ暗な画面のままや画面左上にアンダーバーが表示されるだけでOSのブートが一向に進まない現象です。

POSTが通ると言う事とエラーメッセージが出ないと言う点を考えるとハードディスクのMBRと言うブート部分のデータが破損していたり全くデータが読めない・ヘッドが不良セクタの読込みを繰り返しているなど最初の段階で突っかかって止まっている可能性が考えられます。

このようにブートに関わるセクタの損傷で動作不能となるパソコンを修理する場合は正常なハードディスクの部品に取り替えてOSを入れ直さないと治りません。

エラーが表示され起動できない修理のハードディスク交換事例

次にその後の部分でWindowsが起動しない故障の修理事例です。
メーカーロゴ画面から進むが黒い画面に白文字でエラーメッセージが表示されストップするパソコンもあります。

ハードディスクの問題でOSが動作不能となる症状も様々です。

  • 認識せずブートするデバイスない
  • SMARTエラーにより警告が表示され動作停止
  • ブートエリア破損でエラーとなり止る
  • システムファイル領域破損で動かない

例を挙げると色々あります。
他にも様々な症状で画面に何らかの文字が出てストップしてしまうパソコンがあります。

ブートデバイスが無い表示で停止する

DISK BOOT FAILURE

ディスクがブートしないエラー画面写真
DISK BOOT FAILURE, INSERT SYSTEM DISK AND PRESS ENTER

DISK BOOT FAILUREで起動しないパソコンです。

DISK BOOT FAILUREとはディスクブートの失敗でINSERT SYSTEM DISK AND PRESS ENTERとはシステムディスクを入れてエンターキーを押してくれと言っています。

ディスクブートの失敗とはブートするディスクが無い為に表示されます。
ブートディスクは通常OSが入っているハードディスクです。

例えば完全に故障し認識すらしない場合、ブートディスクは検知されませんので無いと表示され止まります。

DISK BOOT FAILURE及び類似する表示でストレージが認識せず立ち上がらないパソコンはハードディスクの交換修理を要します。

No bootable device

Lenovoノートパソコン修理前症状確認写真
No bootable device Insert boot disk and press and keyで停止

こちらはLenovoノートパソコンでハードディスク認識不良の交換前写真です。
No bootable deviceとはブートするデバイスが無いと言っています。
Insert boot disk and press and keyとはブートするディスクを入れてキーを押してくれと言っています。

ドライブが完全に壊れ認識しないとブートするデバイスが無くなる為、このような表示が出て止まる場合もあります。
壊れたストレージ部品を取り替えてリカバリインストールでOSを導入して起動確認修理完了となりました。

SMARTエラーの表示でストップ

SMART Failure Predicted on Hard disk

SONY VAIO液晶一体型パソコン修理
SMART Failure Predicted on Hard disk.
WARNING:Immediately back-up your date and replace
your hard disk drive. A failure may be imminent.

こちらはSONY VAIO一体型のハードディスク交換修理前の確認写真です。
電源を入れるとメーカーゴロ画面表示後にこのような表示で止まりOSが立ち上がらない症状もございます。
SMARTエラーと言ってハードディスクの自己診断機能で現在値が閾値を下回ると限界を超えて異常警告を発してくれます。

このSMARTエラーで動作不能となる場合もストレージ部品の取替え&OS注入で起動復活です。

ブートエリア破損により停止する修理

NTLDR is missing

SONY VAIO液晶一体型パソコン
NTLDR is missing
Press Ctrl+Alt+Del to restart

NTLDR is missingで起動不能。
ブートローダーの故障です。
missingは行方不明のようなものですのでローダーが見つからないので立ち上がらないと言う事です。
ブートローダーが欠落している表示はパーティションテーブルレベルで表示されるメッセージでOSの前で止まっている状態です。
本来であればこの情報を読み込んでCドライブが立ち上がっていく訳ですがPBRに障害が起きるとエラーが表示されそれ以降進めません。
このようなトラブルを改善する場合、ソフト・ハード問題どちらも可能性が考えられます。
ハードの問題としてはハードディスクの損傷である可能性が高いと思われます。
セクタをチェック表面スキャンして読めないブロックがあれば異常なのでストレージ部品を取替えて直します。
異常がなければその他の原因を追究していくようになります。

BOOTMGR is missing

Lenovoノートパソコン
BOOTMGR is missing
Press Ctrl+Alt+Del to restart

こちらはLenovoノートの修理前の写真です。
BOOTMGR is missingで立ち上がらないブートローダーの故障です。
ハードディスクの診断を行い異常を確認。
ストレージ部品を取替えてリカバリインストールを行い起動復旧となりました。

尚、BOOTMGRはWindows7やVistaや8 8.1などで使われるブートローダー
NTLDRはXPや2000やNTなどで使われるブートローダーです。
ブートローダーがないとOSは立ち上がりません。

SONY VAIOA disk read error occurred

SONY VAIO液晶一体型パソコン修理
A disk read error occurred
Press Ctrl+Alt+Dell to restart

こちらはSONY VAIO一体型の起動確認写真です。
A disk read error occurredと表示され動作が止まります。
この文字はディスクの読み取りエラーが発生したと言う意味です。
MBR(マスターブートレコード)破損によりデータを読み込めず立ち上がりません。

このA disk read error occurredはハード・ソフトどちらの要因で壊れたのかと言う事になりますが故障前の使用中に何も特別な事をしていないのにこの表示が出て動かなくなった場合はハード要因を疑います。
その中でもっとも可能性が高いのはハードディスクの破損・損傷・不良です。
ちなみにA disk read error occurredと言う文字はディスクから読み出しているので認識はしているがMBRの内部のセクタ読込みに問題があり起動ができないと言う事になります。
チェックして異常があれば部品を取り替えます。

エラー回復処理画面でそのまま立ち上がらない修理

Windowsエラー回復処理

富士通 FMVノートパソコン修理前症状確認写真
エラー回復処理画面でスタート不能

こちらは富士通FMVノートでハードディスク交換を行う前の起動確認写真です。

Windows エラー回復処理
Windowsを開始できませんでした。最近のハードウェアまたはソフトウェアの変更が原因の可能性があります。
Windowsファイルが壊れているか、正しく構成されていない場合、スタートアップ修復は問題の診断と修正に役立ちます。
スタートアップ中に電源中断が起こった場合は、通常起動を選択してください。
(方向キーを使って項目を選択してください。)
スタートアップ修復の起動 (推奨)
Windows を通常起動する
説明: Windows の起動を妨げている問題を修正します

通常を選択しても進めずスタートアップ修復を行っても治りません。
ハードディスクを確認したところ異常が確認出来ました。
このエラー回復処理画面が出る場合、ソフト要因ハード問題含め色々要因がありますがハードディスクの問題で発生している可能性もあります。
どちらの問題でも異常でスタートアップに関わる部分のデータ・領域あるいはファイルが損傷しそれが起因してスタート出来なくなってしまったと考えるのが自然です。
ハードディスク不良の場合は交換修理とリカバリインストールでOSを入れ直す事により正常に動作が回復します。

その他にもエラーが表示され止まってしまう症状は色々あります。

  • 次のファイルが存在しないかまたは壊れているためWindowsを起動できませんでした
  • Operating System not found
  • invalid system disk
  • Non-System disk or disk error
  • Missing Operating System
  • Primary Hard Disk 0 not found
  • Hard disk(s) diagnosis fail
  • Disk error
  • No boot device

ブルーバックエラーで起動しない修理 ハードディスク交換事例

パソコン起動中に青い画面でエラーが表示され起動できず動作が停止する場合や青い画面のエラーが一瞬表示され延々とリブートを繰り返す現象もあります。

ブルースクリーンエラー

acerノートパソコンの起動確認写真
ブルースクリーンエラーでWindows起動失敗

こちらはacerノートの修理でハードディスクに異常が確認できたパソコンです。
電源を入れても起動途中でブルースクリーンエラーとなり立ち上がりに失敗します。
ブルースクリーンエラーは色々な原因の可能性がありますが故障する前の使用時に何も特別な事をしていないにも関わらず起動しなくなってしまった場合はハード異常を推測します。
その中でもっとも可能性が高いのはストレージ障害です。
直す場合は診断プログラムで問題があるか診断し異常が診られればパーツの交換を行います。
STOP: Unknown Hard Error などもブルースクリーンエラーです。

その他の可能性として次に高いのはメモリの故障です。
メモリエラーも基本的に正常な部品に取り替えれば改善します。
もしメモリがオンボードであればマザーボード故障です。
ソフト要因ありますので原因を切り分け判断する為に診断は重要です。

動作が異常に遅くWindowsが起動できない修理 ハードディスク交換事例

ハードディスクスキャン状況アクセス遅延有り

デスクトップパソコン 日立3.5インチHDDチェック状況写真
異常に動作が遅い症状

Windowsロゴ画面からいつまで経ってもデスクトップ画面まで行かず起動が完了できない現象もあります。
フリーズしているのかフリーズしていないのかにもよりますがフリーズしていないのにいつまで経っても立ち上がらない場合はストレージの異常遅延が考えられます。
故障により読込み動作が異常に遅くなり進まない症状です。

異常遅延により中々立ち上がらない動作の改善はストレージ部品を取り替えてOSを入れ直せば改善し通常の速度で立ち上がるようになります。

その他の原因の可能性
パソコン自体がフリーズしている場合はソフトウェア問題かマザーボード故障の可能性が高いと思われます。
改善するにはそれぞれに対する処置が必要です。

起動不能のデータ復旧・救出も対応します

動かなくなったパソコンの中にデジカメ写真の画像ファイル・映像の動画ファイルなど大切なファイルが残っているのに何とかデータを取り出せないか。
当店ではファイルの取り出し復旧・救出サービスを行っております。

OSが立ち上がらない記憶ストレージは論理障害・物理障害すべて可能性が考えられます。
論理障害の場合はファイルやフォルダが消えてもデータそのものが残っていれば復元復旧させファイルの救出が可能です。
物理障害のデータ復旧・救出はレベル2軽度物理障害〜レベル4重度物理障害まで症状・状態により様々です。

故障している状態で何とかデータを取り出せないかと色々動かしていると悪化して復旧・救出できるファイルも救出できなくなってしまいます。
希望される場合は無理をなさらず当店の復旧サービスでファイルの救出をご検討ください。

ストレージ障害以外の可能性

ソフト要因とハード要因に分けられますが、まずソフト問題としては論理的なシステム障害。
Windowsのクラッシュであったりレジストリやシステムファイルの破損やMBR・パーティションやボリューム破損などそれらが物理的な問題ではなくOS単独の障害として発生した場合です。

ハード問題としてはメモリやマザーボードの故障・キーボードの故障・冷却ファンエラー・グラフィックデバイス異常などが考えられます。

例えば起動しなくなる前の使用時に何か特別な操作などをしてその次の使用時に立ち上がらなくなってしまったのであればソフトウェアの可能性が高いと思いますが普通に使用していて突然動作不能になってしまった場合はハードウェア異常の可能性が高いと思われます。