HDDクローン作成

  1. パソコン修理・データ復旧
  2. ハードディスク交換・HDD交換
  3. データ環境移行 HDDコピー
  4. クローン作成とは

HDDクローンが作成出来れば交換してもデータは消えない

HDDクローンとは
Windowsや個人データなどの保存ファイル・Windows上の各種設定やインストール済みアプリケーションなど環境丸ごとデータを消さずに残したままハードディスクを取替えたい場合は今まで使用していた記憶データを新しいドライブにそっくりそのままデータが同じ状態の複製を作らなくてはなりません。
これをHDDクローンと言います。
クローンとは元のデータを丸ごと新しいHDDにコピーする事によりデータが同じ状態のHDDを作り上げる方法です。
理屈的にデータが同じ状態のHDDを作り上げて交換すれば同じ状態のwindows環境・保存ファイルもそのままの状態でwindowsが使用できると言う事になります。
よってクローンディスクを作ってから入替えれば今までの状態と変わらずデータは残ったままwindowsが起動出来るようになります。
別途OSをインストールする必要もございません。

HDDクローンの目的
本来の目的は空き容量増量の為にHDDの容量をアップグレードして交換する場合や消耗劣化による故障予防として取り替える場合やパソコンのトラブルに対処できるよう万が一のお守り代わりにHDD全体の保存データ及びOS環境をバックアップして保管しておくなどの目的としてクローンを作ります。
大体はアップグレード目的で内蔵ストレージを取り替える際にクローンを作成をする方が大半かと思います。
基本的に作成を行う時点でドライブが正常である事とwindowsが問題なく稼動している状態である事が必要です。
HDDクローンを作成する方法は幾つかあります。
まずはソフトウェアを使用しての作成方法です。

ファイルバイファイル方式
ファイルシステムレベルでの方法でクローンが作成できるソフトではこの方法で作成されるのが一般的です。
簡単に言うとファイルレベルでの複製です。
パーティション単位で作成が出来ますので一部分のドライブのみをクローンする事もできます。
各パーティションを含むドライブごと複製すればクローンの完成です。

バックアップソフトと同じ
HDDの一部や全体をファイルイメージとしてバックアップするソフトがありますが、それと理屈は同じです。
ソースのターゲット先をHDD直とするのかファイルイメージとして保存するのか変わっただけです。
尚、windowsには標準でシステムイメージの作成と言う機能があります。
これも同じ理屈でのバックアップソフトです。

完全なクローンではない
ファイルバイファイル方式はクローンソフトによっては複製に完了して入替えしてもそのままwindowsが起動出来ない場合があります。
ブートレコーダーやパーティションテーブルなどが絡む問題です。
システムドライブを含むクローンを作成する場合には注意が必要です。
あとソフトによっては換装後にリカバリ領域が使えなくなる場合もあります。
ファイルバイファイルでのクローンは比較的早く作れるのですが完全ではありません。
コピー元よりコピー先の容量が小さい場合は基本的に複製を作れません。
ドライブに空き容量がある場合はパーティションを縮小してやってくれるものもありますがメーカーPCでは回復パーティションやリカバリ領域などの絡みもありますのでトラブルの元です。

対応フォーマットが限られる
ファイルバイファイル方式のクローンはソフトがファイルシステムに対応しているものしか出来ません。
例えば対応フォーマット形式がFAT/ FAT32 / NTFSだけなのであればそれ以外のフォーマット形式ではソフトウェアでクローンできないと言う事です。

ファイルシステムに問題がある場合は作成に失敗する
フォーマット構成、ファイルシステム形式に欠陥がある場合はクローン作成の途中で失敗してしまいます。
ファイルバイファイル形式で作成する場合には物理的にも論理的にも正常なHDDのもと作成しなければなりません。
ストレージが故障している場合も同様です。
例えばファイルのデータの一部が不良クラスタ・不良セクタにかかっており読み込めない場合は欠陥ありでコピー失敗となります。

セクタバイセクタ方式
個々のセクタ一つ一つをコピー先のHDDへコピーしていく方法です。
実際にwindows上で見えるファイル関係なくデータがある場所も入っていない場所も関係なく記憶情報をセクタごとにコピーしていきます。
このクローン方法はセクタtoセクタなどとも言われます。
同じ番地のセクタに同じデータを書き込んでいきます。
ファイルシステムもフォーマット形式もパーティションもファイルもフォルダも関係ございません。
MBRやGPTも関係ありません。

極論FAT / FAT32でもNTFSでもexFATでもLinuxのEXT2/3/4でもMacOSのHFS+でも関係ないわけです。
HDDにあるセクタ全てを黙々とコピーしていきます。
頑固なクローン方法です。

コピー先の容量が小さい場合はクローンできない
ソースディスクとターゲットディスクの容量が全く同じストレージで作成する場合は完全なクローンとなるわけです。
しかしソースディスクよりコピー先であるターゲットディスクのHDD容量が小さい場合はクローンを作成できません。
同じ番地のセクタがコピー先になければデータをコピーできないからです。
逆にソースディスクよりターゲットディスクのHDD容量が大きい場合はセクタtoセクタでコピーできます。
ソースディスクの最終セクタをコピーして終了となりますのでターゲットディスクに対してそれ以降のセクタは全く手をつけないと言う事になります。
あとはパーティションを調整するなどして残りの容量を割り振るなり新たなドライブを作るなりお好みに使えます。
尚、GPT形式で異なる容量のストレージ同士をセクタtoセクタでコピーする場合は調整が必要です。

HDDコピー機を使用したクローン作成
これはソフトウェアレベルでクローンを作るのではなくHDDの複製を製造できる機器・機械で作成する方法です。
パソコンを必要としません。
基本的に単独で動作します。
HDDコピー機あるいはデュプリケータ装置などとも言われます。
これもセクタ単位でコピーしますのでセクタバイセクタ方式の複製です。
基本的にソフトウェアレベルのセクタバイセクタ方式と変わりません。
HDDコピー機の中には1台のソースディスクに対して3台なり5台なり複数のドライブへ同時にコピーできる製品もあります。
そのような複数のコピーは一般の個人ではなかなか使用しないと思います。

セクタバイセクタ方式でコピーに失敗する場合
セクタバイセクタのコピーに失敗する場合はハードディスクが故障している場合です。
破損して読込みできないデータ、いわゆる不良セクタがあるとデータのコピーに失敗します。
だた1つの不良ブロックだけでも失敗します。
尚、中には不良セクタをスキップしてくれるクローンソフトもあります。
不良セクタのデータ読込みは省いて次のセクタに進んでくれます。
読み込めないブロック内のデータがコピーできるわけではございませんので誤解しないようご注意ください。
しかし大量にデータ読込みの異常遅延があるセクタや損傷で読み込めない不良セクタがあるハードディスクでクローンを作成するのは現実的ではございません。
状態によっては何日も何十日も何百日もかかる事でしょう。
まともにコピーが進めません。
それ以前にコピーしている内に記憶面のプラッタが更に壊れ認識すら切れてしまう可能性の方が高いです。
Windowsが起動・稼動できるパソコンでもwindowsの起動が異常に遅かったりパソコンの動作が異常に遅かったり途中でフリーズしたりブルースクリーンエラーで勝手に再起動がかかってしまうなどで不良セクタが大量にある場合はクローン作成を諦めるべきです。

当店の交換サービス
当店では正常なハードディスクから取り替える場合はクローン作成でデータを維持しながら交換する事が出来ます。
容量をアップして交換する場合はパーティションを調整して増量分をCドライブなどに合体させてCドライブの空き容量を増やす事もできます。

故障している場合でも
内部ストレージが故障しているパソコンでもwindowsがある程度稼動できる場合はデータを消さないままパソコンを修理できる場合があります。
主なクローン作成対象は
Windowsでハードディスクの問題が検出されました」と表示される
がある程度動作できる状態の場合
パソコン起動時にHDDのSMARTエラー」が表示される
がスキップさせるとwindowsが起動してある程度動作する事ができる状態の場合
何の異常警告も表示されないが
Windowsの起動や動作が突然異常に遅くなってしまった
パソコンなどです。
クローン作成対象外
故障してwindowsすら起動出来なくなってしまったパソコンは作成の試み自体できません。
メーカー修理ではデータが消えます
尚、パソコンメーカーではデータを維持しならがの修理はやっていません。
ハードディスクが故障しているパソコンでは壊れていますので成功するかどうかやってみないと判りませんが試みれる状態であれは試みる事はできます。
故障してしまったけど、まだwindowsは使えるので何とかデータをそっくりそのまま残して修理できないかなぁとかデータを消さないで取替えたいなぁとかそんな事ができれば助かるなぁとお考えのお客様。
ご希望ありましたら合わせてご相談ください。

エクスプローラーからコピーするだけではダメなのか?
色々難しい事を書きましたが最後にもう一つ、エクスプローラーから丸ごとデータをコピーすればいいんでないの?とお考えされる方もいるかもしれません。
確かにデータドライブとしてハードディスクを使用している場合はそれで事が足りるでしょう。
しかしwindowsが入っているCドライブはエクスプローラー上から丸ごとデータをコピーする事はできません。
またCドライブ以外のドライブもありますしパーティションテーブル情報などの絡みもあります。
windowsをそっくりそのまま環境を変えずに起動できる状態にすると言うのは単にファイルやフォルダだけコピーすれば良いと言うものではございません。


関連情報