Windowsインストール ハードディスク交換のパソコン修理

  1. パソコン修理
  2. ハードディスク交換・HDD交換
  3. Windowsインストール

ハードディスク交換時のWindowsインストールについて

Windowsインストールとは
Windowsインストールとは、一般的にマイクロソフトwindowsのインストールディスクとライセンスプロダクトキーを利用してOS単体(windowsのみ)を導入する方法です。
この方法は主に自作パソコンやショップオリジナルパソコンなどで行う方法でメーカー製パソコンのようにリカバリディスクから行うものではなくwindowsのインストールディスクやドライバディスクが付属するパソコンでハードディスク交換後にwindowsを導入する方法となります。

ハードディスクを交換しただけではwindowsは起動しません

ハードディスクが故障した場合はパソコンを修理する際にハードディスクを交換しますが、新しいハードディスクには何もデータが入っていません。
よってハードディスクを交換しただけではOSも入っていませんのでwindowsは起動しません。
新しいハードディスクに取替えてパソコンを修理してもハードの部分を治しただけではwindowsは使用できないわけです。
Windowsを使用したい場合は、新しいハードディスクにOS・Windowsを導入しなければなりません。
そこにwindowsを入れる方法の一つがwindowsインストール(windows・OSの単体の導入)です。

メーカー製パソコンでもWindowsインストールで対応する事も可能

メーカー製パソコンですとリカバリインストールでwindowsを導入するのが好ましいですがwindows単体のインストールで対応する事も可能です。
メーカー製パソコンでリカバリインストールの場合ですと、初期状態で導入されていたサードパーティのアプリケーションなども導入され専用ドライバを必要とするデバイスも全て認識した状態(工場出荷時状態相当の状態)で復元されますがwindowsインストールの場合はwindowsのみしか入りません。
よってアプリケーションソフトもwindows標準でインストールされるソフトのみが導入されます。
何かWindows標準以外で必要なアプリケーションソフトがある場合は、windowsインストール後に個別にお好みにソフトをインストールしてそのソフトを使用できるよう環境を整えてあげる必要があります。

またデバイスもWindows自身が標準で認識出来るデバイスしか認識されませんので、パソコンの仕様によってWindows標準のままでは認識されないデバイスが発生するパソコンもございます。
これはWindows標準でそのデバイスを認識させる為のドライバを持っていない為です。
認識されないデバイスを未認識デバイスと言いますがWindows標準で認識されないデバイスがある場合でそのデバイスを使用したい場合は認識させる為にwindowsインストール後に個別にドライバをセットアップして認識させる必要があります。

Windowsインストール(OSの単体導入)はリカバリインストールとは違い自作パソコンなどで一から個別にwindowsをインストールしたりデバイスをセットアップしたりして手動で構築していくのと同じとお考えください。
最低限使用するにあたって、windowsが導入され使用するデバイスが認識している状態である事が必要です。
メーカー製パソコンの場合、全部のデバイスドライバを公開していれば問題ないのですが、メーカーによってはデバイスドライバを公開していないパソコンや一部しか公開していないパソコンなどもございます。

ハードディスク交換サービスWindowsインストール後の未認識デバイスについて

自作パソコンやショップオリジナルパソコンでWindowsインストールでHDD交換した際の未認識デバイスに関して
自作系又はショップオリジナルパソコンでWindowsインストールディスクとドライバディスクが付属している構成の場合はハードディスク交換後にWindowsインストールを行いWindows起動確認時にデバイスマネージャー上で未認識デバイスが存在する場合はその付属ドライバディスクを利用しましてドライバセットアップまで行います。

メーカーパソコンでHDD交換の際にWindowsインストールで対応する場合の未認識デバイスに関して
当店ではメーカーパソコンの場合でハードディスク交換の際のOS導入方法にwindowsインストールを選択されるお客様の場合はOSインストール後にデバイスマネージャー上で未認識デバイスがある場合で、メーカーサイトでドライバが公開されている場合は、未認識デバイスのセットアップまで含めて行っております。 もし未認識デバイスが存在するがメーカーサイトでもデバイスドライバが公開されていない未認識デバイスであっても、ご希望があれば捜索し認識出来るよう対応する事も可能です。

メーカー製パソコンのWindowsインストール風景

Windows8

Windows8インストール画面

Windows7

Windows7インストール画面

WindowsVista

WindowsVistaインストール画面

WindowsXP

WindowsXPインストール画面

Windowsインストール主な対応OSバージョン

  • Windows10 Home Pro 64ビット及び32ビット
  • Windows8.1 ノーマル及びPro 64ビット及び32ビット
  • Windows8 ノーマル及びPro 64ビット及び32ビット
  • Windows7 Home Premium Professional 64ビット及び32ビット
  • WindowsXP Home Edition Professional
  • Windows2000 Professional
  • WindowsME
  • Windows98SE
  • Windows98
  • Windows95
  • WindowsNT

メーカー製パソコンの場合でWindowsインストールを選択する主な考え方
Windowsが起動出来れば良い。 あとは自分で好きにパソコンの環境を構築すると言う方や余計なソフトが入るとパソコンの動作が重くなるのでWindowsのみの方が良いと言う方やインターネットが出来れば良いので出来るだけ軽い状態で使用したいと言う方などはWindowsインストールをご検討ください。