HDDの回転数 ハードディスク交換のパソコン修理

  1. パソコン修理
  2. ハードディスク交換・HDD交換
  3. HDDの規格や種類
  4. HDDの回転数

ハードディスクの回転数について

ハードディスクには回転数も色々あります。
ハードディスクの回転数はrpmと言う単位で表します。
ハードディスクのプラッタが1分間にどれだけ回転するかと言うものです。
論理的には回転数が大きければ大きいほど次の回転のセクタアクセス到達が早くなりますのでデータアクセスが早くなります。
しかしながらハードディスクは回転数が速さの全てではありません。
プラッタ密度やシークタイム・データキャッシュ・バッファ・ATA転送規格などにより様々ですしハードディスクは日々進化していますので通常の回転数で高回転HDDをしのぐハードディスクもあります。
人感覚様々受け取り方も様々ですので速さの感じ方も様々ですが私的にはこの回転数による違いは体感で明らかに判るほど劇的に変わるものではありません。
ハードディスクの速さパソコンの速さを求めるのであればHDDで交換するのではなくハイブリットHDDやSSDで取替えることをお勧めします。
HDDからSSDへ換装すると私的な感覚としてはおっと驚くほどデータアクセスが速くなります。
論理的数値では向上しても感覚様々感じ方様々ですので明確にご案内は出来ませんが明らかに体感で判るほど効果があると思います。
当店ではハードディスクの故障でパソコン修理をする際にハードディスク交換の他にご要望があればハイブリットHDDでの交換やSSDでの換装も承っております。
ご希望ありましたらその旨ご相談ください。

3.5インチHDDの主な回転数
主にデスクトップパソコンや液晶一体型パソコンで使われる3.5インチHDDには回転数も色々あります。
3.5インチのSATAハードディスクで一般的な回転数は7200rpmです。
5400rpmや5900rpmなど5000台の回転数のHDDもあります。
逆に10000rpmの高回転HDDもあります。
Western DigitalではIntelliPowerと呼ばれるデータアクセスの状態によって可変回転をするHDDもあります。
3.5インチのPATAハードディスクは小さい容量の時期は5400rpmが主流でしたが大容量化で進化するにつれ7200rpmが主流になりました。
4000回転台のハードディスクなどもあります。

2.5インチHDDの主な回転数
主にノートパソコンで使われる2.5インチHDDには回転数も色々あります。
2.5インチのSATAハードディスクで一般的な回転数は5400rpmです。
7200rpmの高回転HDDもあります。
こちらもWestern DigitalのIntelliPower可変回転HDDもあります。
2.5インチのPATAハードディスクで一般的な回転数は4200rpmや5400rpmです。
小さい容量だと4200rpmが主流ですが大容量化で進化するにつれ5400rpmが主流となってきました。
7200rpmの高回転モデルのHDDもあります。

1.8インチHDDの主な回転数
主に小型のノートパソコンで使われる1.8インチHDDには回転数も色々あります。
1.8インチのハードディスクで一般的な回転数は4200rpmです。
3600rpmの回転数のHDDもあります。
SATAのハードディスクでは5400rpmのHDDもあります。