HDDのキャッシュ・バッファ ハードディスク交換のパソコン修理

  1. パソコン修理
  2. ハードディスク交換・HDD交換
  3. HDDの規格や種類
  4. HDDキャッシュ・バッファ

ハードディスクのキャッシュ・バッファについて

ハードディスクにはキャッシュと呼ばれる一時的にデータを貯めて置くメモリーバッファ領域があります。
パソコンに取り付けられているメモリーと同じ理屈です。
ハードディスクからいちいちデータを読み込むよりそのデータがキャッシュにあればそこからデータを読み込んだ方が速い為、その分動作効率が高まります。
ハードディスクのキャッシュはハードディスクの容量に比べれば微々たるものですが効率良くデータを読み書き出来るようにキャッシュメモリーが付いています。
パソコンのメモリと同様キャッシュがあればすぐ次の処理に移ることができます。
キャッシュはデータの処理を効率よくする為の一時記憶領域です。

ハードディスク直接よりメモリーキャッシュから読み込んだ方が速いなら全部キャッシュにすれば速いのではないかと思う方もいるかもしれませんがそれと似たような理屈がSSDです。
SSDはUSBメモリのようにメモリーでデータを読み書きする為、アクセスが高速になります。
またSSHDハイブリットHDDはSSDをキャッシュに使う事によりデータアクセスの高速化をしています。
ハイブリットHDDと似たような仕組みではIntel Smart Response Technologyと言うシステムもあります。
ハードディスクとは別にSSDを搭載しそのSSDをキャッシュとして使用する事によりデータアクセスの高速化を実現します。
これは主にデスクトップパソコンでHDDとSSD両方取り付けるスペースがありIntel Smart Response Technologyに対応しているパソコンのみです。
ハイブリットHDDやSSDは主にノートパソコンに取り付けて使用するのが多いですがデスクトップや液晶一体型パソコンでも取り付ける事は可能です。
ハイブリットHDDやSSDへ換装すると一般的に体感で明らかに判るほどパソコンの動作が速くなります。
当店ではハードディスク交換の他にご希望あればハイブリットHDDでの交換やSSD換装なども承っております。
ご希望ありましたらその旨合わせてご相談ください。

2.5インチHDDのキャッシュ容量
ノートパソコンなどに取り付けられている2.5インチハードディスクのキャッシュ容量SATAのHDDキャッシュは8MBバッファが主流です。
大きくなると16MBや32MBバッファのキャッシュ容量もあります。
2.5インチPATAのHDDキャッシュは2MBか8MBバッファが主流です。
古いHDDだともっと512KBなど小さいキャッシュのHDDもあります。
昔のHDDだと2Mバッファ大容量や進化するにつれ8Mバッファも多くなりました。

3.5インチHDDのキャッシュ容量
デスクトップパソコンや液晶一体型パソコンに取り付けられている3.5インチハードディスクのキャッシュ容量PATAハードディスクのキャッシュメモリーは2MBバッファや8MBバッファが多いようです。
3.5インチSATAハードディスクのキャッシュメモリーは8MB・16MB・32MBバッファなどがあります。
容量が大きくなるにつれHDDか進化するにつれバッファも段々上がってきます。

1.8インチHDDのキャッシュ容量
主に小型のノートパソコンに取り付けられている1.8インチハードディスクのキャッシュメモリーは2MBや8MBバッファが主流です。

キャッシュ容量・バッファがデータ読み書き速度の全てではない
ハードディスクはキャッシュが速さの全てではありません。
プラッタ密度や回転数・シークタイムやATAの転送規格など色々あります。
昔の8MBキャッシュHDDより新しい8MBキャッシュHDDの方が一般的には速いと思いますし昔の16MBキャッシュHDDより新しい8MBキャッシュのHDDの方が速いものもあると思います。
たとえ同じ作りのHDDで2MBと8MBとキャッシュだけ異なったとしてもデータがキャッシュに入っているデータでなければ速さは変わらず同じデータ処理速度と言う事にもなります。
速さはハードディスクのキャッシュ容量が全てではありません。