「Reboot and Select proper Boot device」でWindowsが起動しない原因と修理の方法

パソコン修理・ハードディスク交換(HDD交換・SSD換装)を宅配修理で全国対応!パソコンのHDD交換とSSD換装が格安

  1. パソコン修理・データ復旧
  2. ハードディスク交換(パソコンのHDD交換・修理)
  3. Reboot and Select proper Boot device

「Reboot and Select proper Boot device」で止まるNECパソコン HDD交換修理事例

Reboot and Select proper Boot device

パソコン起動時のエラーメッセージ

Reboot and Select proper Boot device
or Insert Boot Media in selected Boot device and press a key

パソコンを起動させても通常どおり起動せず「Reboot and Select proper Boot device」と言うメッセージが表示されWindowsが起動しない故障もあります。
こちらの写真はNECのノートパソコンでReboot and Select proper Boot deviceと表示されWindowsが起動しなくなった状態です。

診断をしてReboot and Select proper Boot deviceの原因がHDDの故障でハードディスク交換修理となった事例です。
Reboot and Select proper Boot deviceはハードディスクが問題で発生する場合があります。

Reboot and Select proper Boot deviceの意味を解説

Reboot and Select proper Boot deviceのRebootとは再起動の事です。
properは適切なと言う意味なのでSelect properで適切なものを選ぶ。
適切なBoot device(ブートデバイス)を選択すると言う事で、Reboot and Select proper Boot deviceは再起動して適切なブートデバイスを選択してくださいと表示されています。

Reboot and Select proper Boot deviceの下の行には「or Insert Boot Media in selected Boot device and press a key」と表示されています。
これは、または選択したブートデバイスにブートメディアを入れてキーを押せと言っています。

では何故Reboot and Select proper Boot deviceと表示されるようになったのか。
それは簡単に言えば適切なブートデバイスが無いからです。
Windowsが起動するブートデバイスは何か。
それはハードディスクです。(HDDやSSD)

Reboot and Select proper Boot deviceと類似するエラーメッセージ

Reboot and Select proper Boot deviceの表示は他のパソコンで表示される「No bootable device」や「Operating System Not Found」などその類のブートエラーメッセージでWindowsが起動せずBIOSレベルのまま起動が止まる症状と同じです。

Reboot and Select proper Boot deviceと表示され起動しない原因

Windowsが起動できるデバイスが認識していないか、あるいはWindowsの起動に関わるデータが破損して起動に失敗しているかWindowsが消えている為にブートしないかなど考えられますが

  • HDD/SSDが故障して認識していない、あるいは認識に問題がある為に起動に失敗。
  • ブートに関わるセクタが壊れて起動できない。
  • マザーボード側の異常で起動デバイスを検出できない。
  • 誤ってWindowsのデータを消去してしまった。
  • 誤ってBIOSの設定を変更してしまった。

などが原因でReboot and Select proper Boot deviceと表示されWindowsが起動できないと想定されます。

Reboot and Select proper Boot deviceの故障原因判断方法

今まで普通にWindowsが動作していたのに、次の起動時に勝手にReboot and Select proper Boot deviceと表示されてWindowsが起動しなくなったのであれば、ハードディスクの故障を疑います。

例えば誤ってデータを消去したりフォーマットしたりパーティションを開放したりBIOS設定をいじったりなど何か特殊な操作をした後にReboot and Select proper Boot deviceで起動できなくなったのであれば、それらソフト的な要因やBIOS絡みの問題である可能性が高まります。

ですので、簡単に言えば自身で何か特別な操作をした後に発生したのであれば、それが原因。
何もしていないのにReboot and Select proper Boot deviceと表示されWindowsが起動しないのであればハードディスクの故障である可能性が高いと考えます。

HDDの故障でReboot and Select proper Boot deviceのパソコンをする修理方法

HDD/SSDの故障でReboot and Select proper Boot deviceと表示されているのであればHDD交換修理・SSD交換修理が必要です。
HDD交換・SSD交換でハードが正常になったらリカバリインストールなどで新たにWindowsをインストールすればWindowsは起動できるようになります。

当店ではハードディスクが故障してWindowsが起動できないパソコンの修理・ハードディスク交換修理を行っております。
ノート・デスクトップや液晶一体型パソコンの修理は是非ハードディスク交換サービスをご検討ください。

Reboot and Select proper Boot device修理前の確認方法

以下はReboot and Select proper Boot deviceの原因がハードディスクの故障で起動できないと想定して故障の確認方法やパソコン修理・ハードディスク交換事例をご紹介します。

ハードディスクが認識しているか確認する

BIOSでハードディスクが認識しているかどうか確認します。
ハードディスクが認識していない場合は当然Windowsも起動できません。
ハードディスクが認識していないのであれば、BIOSで認識していないからReboot and Select proper Boot deviceと表示されていると言う事です。
認識していないのであればHDD/SSDかマザーボードの故障でWindowsの起動に失敗していると考えますが、この問題でマザーボード側の故障は非常に稀です。
HDDの故障でReboot and Select proper Boot deviceと表示されWindowsが起動できないパソコンはハードディスク交換修理を要します。

セクタ内部に異常があるかどうか確認する

BIOSで認識していればハードディスクは正常と言う事ではございません。
認識していてもハードディスクのデータが問題でReboot and Select proper Boot deviceと表示されWindowsが起動できない場合もあるからです。
今度はハードディスク内部のデータが保存されているブロック・セクタに正常にアクセスできるのかどうか、確認しなければなりません。
確かめたい場合はハードディスク診断ツールなどを利用して正常か異常か確認します。
診断でハードディスクに異常が確認できれば、これが原因でReboot and Select proper Boot deviceと表示されWindowsが起動できなくなってしまったのであろうと言う事です。
ハードディスク診断ツールで異常が確認できるパソコンはハードディスク交換修理が必要です。

Reboot and Select proper Boot device 東芝パソコンのHDD交換修理事例

Reboot and Select proper Boot deviceと表示されるパソコンはNECのパソコンだけではありません。
その他のメーカーパソコンでも表示されるパソコンはあります。

Reboot and Select proper Boot deviceでWindowsが起動しない

こちらのパソコンは東芝dynabook T552/36FWのノートパソコンです。
こちらもHDDの故障でReboot and Select proper Boot deviceと表示されWindowsが起動出来なくなってしまったHDD交換修理の事例です。
ブートするものがなくLANブートになりそれも無いので最後にReboot and Select proper Boot device or Insert Boot Media in selected Boot device and press a keyで止まった状態です。

Reboot and Select proper Boot deviceでHDDが認識していない

BIOSでハードディスクが認識していない

BIOS設定を開いてみるとHDD/SSDがなしになっている事が判ります。
これはハードディスクが認識していないと言う事です。
ハードディスクの故障でしたのでハードディスク交換修理後、Windowsをインストールしまして起動復旧です。


関連情報