HDDコネクタ・インターフェース ハードディスク交換のパソコン修理

  1. パソコン修理
  2. ハードディスク交換・HDD交換
  3. HDDの規格や種類
  4. HDDコネクタ・インターフェース

ハードディスク交換時に接続するHDDコネクタ・インターフェース

ハードディスクを接続するコネクタには色々な規格のコネクタが存在します。

  • SATA規格 (Serial ATA シリアルATA)
  • PATA規格 (Parallel ATA パラレルATA IDE E-IDE)

その他にSCSI規格のハードディスクなどもあります。
一般的なパソコンの主流はSATAやPATAなどATA規格のハードディスクです。
当店ではPATA及びSATAのHDDが取り付けされているデスクトップパソコン・液晶一体型パソコン・ノートパソコンのHDD故障修理・ハードディスク交換や取替えHDDアップグレード換装やSSD交換・換装など承っております。
お気軽にご相談ください。

SATA規格
SATAタイプのハードディスクでも色々なインターフェースコネクタがあります。

  • SATA (SATA標準コネクタ)
  • Micro SATA (μSATA マイクロSATA)
  • Mini SATA (mSATA ミニSATA)
  • Slimline SATA (スリムラインSATA)
  • eSATA (External Serial ATA)

この他にも厳密には色々ありますが主要なコネクタは一般的なノートやデスクトップなどのHDDで採用されているSATA標準のコネクタです。

SATA
SATAコネクタはSATA標準のコネクタで3.5インチHDD 2.5インチHDD 5インチ光学ドライブなどに接続できます。
SATAのHDDが取り付けられている殆どのノートパソコン・デスクトップパソコン・液晶一体型パソコンは標準のSATAコネクタタイプです。
当店ハードディスク交換サービスの主流となる規格のHDDですので問題なくHDD交換修理やアップグレード換装・SSD換装など承れます。
またデスクトップパソコンなどに搭載されている5インチタイプの光学ドライブ交換修理やDVDドライブをBDドライブにアップグレード換装なども承っております。

Micro SATA
Micro SATAは主に1.8インチのHDDやSSDで使用されるコネクタで通常のSATAコネクタより小さくなっています。
一部の小型ノートパソコンに搭載されています。
1.8インチMicro SATAのHDD搭載ノートパソコンの修理ハードディスク交換実績もございます。
あまり部品流通がないですが部品の手配が出来れば当店で取替え修理が可能です。

Mini SATA
Mini SATAは主に基板型SSDを接続する端子でそのままスロットに差し込むタイプとなります。
デスクトップパソコンの拡張用としてmSATAのスロットがあるパソコンもありますがノートパソコンでmSATAのSSDを使用しているパソコンもあります。
mSATAのSSD搭載ノートパソコンも当店でSSD交換・換装を承っております。

Slimline SATA
Slimline SATAはノートパソコン用光学ドライブ スリムドライブの接続端子です。
SATAタイプのノートパソコン用DVDドライブやBDドライブを接続します。
当店では光学ドライブの修理で交換やアップグレード換装も承っております。
液晶一体型パソコンもノートパソコン用光学ドライブと同様にスリムドライブが搭載されているものもあります。

eSATA
eSATAコネクタは主に外付けドライブ用として作られた規格です。
そのままのSATA転送となる為、USBの外付けHDDより早いです。
外付けHDDは交換修理を行っておりませんが外付けHDD障害でのデータ復旧ファイル救出は承っております。

PATAタイプのハードディスクもまた色々なインターフェースコネクタがあります。

  • 3.5インチ用40pin IDEコネクタ
  • 2.5インチ用44pin IDEコネクタ
  • 1.8インチ IDE
  • 1.8インチ ZIF
  • 1.8インチ LIF

3.5インチ用40pin IDEコネクタ
3.5インチ用40pin IDEコネクタはPATAタイプのデスクトップパソコンに搭載されているHDDコネクタです。
SATAが登場するまで主流だった規格です。
昔のパソコンを直したいと言うお客様も沢山おりますのでPATAタイプのHDD交換修理も多く承っております。
ソフトの関係上や愛着があり直したいなどのご要望でWindows98やWindows NTなどのパソコンでハードディスク交換修理を行い直されるお客様いらっしゃいます。
以前よりは流通が減りましたが部品が手配できる限りPATAタイプのデスクトップパソコン修理HDD交換も対応致します。
PATAタイプの場合は液晶一体型パソコンも3.5インチIDEコネクタを搭載するものがございます。
PATAタイプのHDD故障で液晶一体型パソコンを修理・HDD交換もまだまだ承ります。
PATAタイプのデスクトップパソコンでSATAのHDDを変換して交換取り付けし大容量化したりSSDへ換装して修理されるお客様もいらっしゃいます。

2.5インチ用44pin IDEコネクタ
2.5インチ用44pin IDEコネクタはPATAタイプのノートパソコンや小さいタイプの液晶一体型パソコンに採用されるコネクタです。
PATAタイプのノートパソコン修理・液晶一体型パソコンの修理 ハードディスク交換・取替えやアップグレード換装・SSD換装なども当店で承っております。
2.5インチPATAハードディスクは通常5Vで駆動するHDDですが、稀に3.3V 5V兼用駆動の特殊なHDDなどもあります。(東芝製HDD)
パナソニックレッツノートのパソコンで多く採用されていた時期があります。
(CF-W2 CF-R4 CF-Y2 CF-T4など)
確か東芝ノートPCのLibrettoでも採用されていた機種があると思います。
消費電力が若干上がると思いますがそのようなノートパソコンでも加工してハードディスク交換修理を承っております。

1.8インチ IDE
1.8インチIDEハードディスクは2タイプあり日立 HGSTと東芝のHDDがあります。
日立の方は確か3.3V 5V兼用で2.5インチコネクタと互換がありそのまま2.5インチの搭載のパソコンに繋いでも動くHDDだったと思います。
IBM Thinkpad X40やThinkpad X41などで採用されていたHDDだったと思います。
SONY VAIOの小型ノートパソコンの一部でもこの1.8インチHDDが取付けられていた事があります。
東芝HDDの方は独自の特殊ピンで2.5インチとは互換がありません。
3.3V駆動のHDDで東芝dynabookノートパソコンの一部やSONY VAIOノートパソコンの一部やNEC Lavieや富士通FMV パナソニックレッツノートなど色々な小型ノートパソコンで取り付けられているHDDです。
1.8インチIDEタイプのHDD交換 1.8インチPATA小型ノートPCのHDD交換修理も部品の手配ができる限り修理やアップグレード・HDD交換・SSD換装承っております。

1.8インチ ZIF
ZIF (Zero Insertion Force)はFFC(Flexible flat cable フレキシブルフラットケーブル)が接続されるインターフェースです。1.8インチPATAのHDDにはZIFコネクタが搭載されているHDDがあります。先端部にロック機構をもったインターフェースがZIFです。
主に日立HGSTのHDDに採用されているコネクタです。
小型のノートパソコンでZIFのHDDが取り付けられている可能性があります。
部品はあまりありませんが部品手配が出来れば1.8インチZIFハードディスク故障のノートパソコン修理 HDD交換・取替えやSSD換装なども承っております。

1.8インチ LIF
LIF (Low Insertion Force)もフラットケーブルが接続されるインターフェースです。
先端部にロック機構をもたないインターフェースがLIFです。
主に東芝・SAMSUNGのHDDが採用しているコネクタでLIFのHDDは小型のノートパソコンに取り付けられている可能性があります。
1.8インチHDDのZIF及びLIFともピンアサインに互換がありますが厚み合わないと使えません。
LIFもひっくるめて全部ZIFと区別してしまうケースが多いようです。
要は厚みに注意です。
1.8インチLIFハードディスクもZIF同様HDD故障のノートパソコン修理・HDD交換・取替えやSSD換装など承っております。