キーボード交換(ノートパソコンのキーボード交換)

パソコン修理・ケーズファクトリー
HOME
送料割引サービス
お客様の声
送り方
通信販売法に基づく表記
お問合せ・お見積り
 HOME > 宅配修理 > キーボード交換

キーボード交換(ノートパソコンのキーボード交換修理)

一部のキーが効かないなどの異常が出た場合キーボードを交換しなければ直りません。
一時しのぎにキーボードを交換しないで修理できる場合もありますが基本的にキーボードの交換が必要です。

デスクトップパソコンは外付けのキーボードの為、故障した場合は汎用キーボードに交換すれば用が足りると思いますがノートパソコンのキーボード交換は簡単に出来ません。専用の作りとなっておりノートパソコンに内蔵されていますので修理する場合は同じタイプのキーボードに交換する形になります。

キーボード交換が必要な症状

キーボードはマトリクスの接点で多くのキーを動かしています。
そこの回路の一部に異常が出ると

  • 特定のキーが効かない
  • 複数の列でキーが効かなくなる
  • 勝手に特定のキーが入力される

などの症状が発生します。
これらの問題が発生した場合、修理にはキーボード交換が必要である可能性が考えられます。

キーボードで特定のキーが効かない

キーボードの交換が必要な症状としてはまず一部のキー入力が効かず文字入力が出来ない故障です。その部分のパターンが切れている為に発生していると考えられます。
パターン切れで特定のキーが効かないノートパソコンの修理はキーボードの交換が必要です。

その他まとまった複数のキー入力が効かない場合もキーボードが故障していると思われます。
パターン切れで特定の並びでキーが効かない修理もキーボード交換が必要です。

キー接点が入らない為に発生する故障。
このようなノートパソコンはキーボードの交換修理をご検討ください。

逆にキー接点が勝手に入ってしまうトラブルの場合は?

  • 文章作成中に勝手に文字が入る。
  • パソコン起動時にビープ音が鳴りっぱなしになり起動出来ない。
  • ピーピーピーと言う音が鳴り続ける
  • Windowsの起動が遅い。

などの現象が考えられます。

キーボード自体の故障でキーが押しっぱなしになるノートパソコンはキーボードの交換修理が必要です。

メモ帳を開いて確認してみると同じ文字が続けて入力されるなどの状態になると思います。

キーボードの誤作動

起動時のビープ音鳴りっぱなし現象も同じくキー接点が入ったままになる為です。

Windowsの起動が遅いのも同じくキー指令が常時入り邪魔をする為に動作が遅くなってしまうと考えられます。

尚、このキーが勝手に入ってしまうキーボードの故障。
入り続けている状態で何か別のキーを押すと止まる場合もありますが、また発生します。

故障原因の切り分けノートパソコンからキーボードを外した状態で再び症状が発生するのかしないのかで確認します。

これらの症状のノートパソコンはキーボードの故障である可能性が高いですのでキーボードの交換修理をご検討ください。

当店では新品部品又は中古部品を利用して安価にノートパソコンのキーボード交換修理を行っております。

ノートパソコンのキーボード

ノートパソコンのキーボード交換部品

コーヒーやジュースなど飲み物をこぼしてしまった場合

誤ってキーボード上に飲み物をこぼしてしまったノートパソコンは、直ちに電源を落としてACアダプタとバッテリーを外して水気を拭き取れるだけ拭き取ってください。

ノートパソコンのキーボード上にこぼした場合は基本的にダメですのでキーボードを交換しなければなりません。
たとえその時点で大丈夫でも内部に浸透した部分が腐食して異常をきたすリスクが高いです。

こぼした量にもよりますが、キーボードの下にあるマザーボードの基板にまで浸透してしまった場合は大変です。

すぐさまパソコンを分解して洗浄しないと腐食し電源が入らなくなったり電源が落ちたりとマザーボードまで故障します。

このように飲み物をキーボードにこぼしてしまった場合は、そのまま放置して置くとマザーボードや内部パーツまで壊れる恐れがございますのでキーボードの交換だけでは済まなくなります。
早めの修理をお勧めします。

キートップ部が取れてしまった場合

その取れた原因が破損なのであれば、そのキーだけ修理は出来ない為、キーボード丸ごと交換となってしまいます。

キートップが単に外れただけなのであれば、はめ込みで対応する事は可能です。
(破損で取れたのではなく単に外れただけの場合)



ノートパソコンのキーボードを交換している様子


ノートパソコンキーボード交換修理の様子

ノートパソコンのキーボード部分解

ノートパソコンのキーボードはフレキシブルケーブルがマザーボードのコネクタへ接続されていますので強引に外そうとするとコネクタまで痛めてしまいます。

機種によってはネジの他粘着テープで止まっているものもございますのでノートパソコンのキーボードを交換する際には慎重に確認しながら作業を行ないます。



キーボードが効かない場合のその他の原因

ノートパソコンのキーボードはマザーボードと言うメインの基板に接続されております。

よってキーボード側の問題でなければ、マザーボード側の問題となってしまいます。

ただ一般的にはキーが効かないキーが勝手に入力されるトラブルはキーボードの故障と考えるのが自然です。

過去に全くキーが効かないと言う症状でマザーボード側の故障だった事例がありましたが非常に稀です。


ノートパソコンのマザーボード


インフォメーション
ご依頼方法
お客様の声
送料割引サービス
発送方法
ご利用規約・免責事項
通信販売法に基づく表記

お問合せ
お問合せフォーム
メールでのお問合せ


Copyright 2005 K's Factory All rights reserved