キーボード交換修理(ノートパソコンのキーボード交換)

  1. パソコン修理・データ復旧
  2. 宅配パソコン修理
  3. キーボード交換

キーボード交換(ノートパソコンのキーボード交換修理)

キーボード自体の故障・不具合で一部のキーが効かないなどの異常が出たパソコンはキーボードを交換しなければ直りません。
一時しのぎにキーボードを交換しないでキー反応が効くよう回復・改善できる場合などもございますが基本的にキーボードを修理する場合はキーボードの交換が必要です。

デスクトップパソコンの場合は外付けのキーボードの為、故障した場合は汎用キーボードに交換してしまえば用が足りると思いますがノートパソコンのキーボード交換は簡単に出来ません。
機種それぞれ専用の作りとなっておりノートパソコンに内蔵されていますのでキーボードを修理する場合はノートパソコンを分解して壊れたキーボードを取り外して同じタイプのキーボードに交換する形になります。
当店では新品部品又は中古部品を利用して安価にノートパソコンのキーボード交換修理を行っております。
キーボードの故障と思われるノートパソコンで修理をご検討されているお客様
お気軽にご相談ください。

キーボード交換が必要な症状
キーボードはマトリクスの接点で多くのキーを動かしています。
そこの回路の一部に異常が出ると

  • キーを押しても特定のキーが効かない
  • 複数の列でキーが全く効かなくなる
  • キーを押していないのみ勝手に特定のキーが入力される

などの症状が発生します。
これらの問題が発生したノートパソコンを修理する場合はキーボード交換が必要である可能性が考えられます。

キーボードで特定のキーが効かない
キーボードの交換が必要な症状としてはまず一部のキー入力が効かず文字入力が出来ない状態になっている故障です。
そのキーが反応していない部分のキーボード内部のパターン(回路)が切れている為に発生していると考えられます。
キーボード回路のパターン切れで特定のキーが効かないノートパソコンの修理はキーボードの交換が必要です。

その他の症状としてまとまった複数のキー入力が効かない場合もキーボードが故障していると思われます。
パターン切れで特定の並びのキーが効かないノートパソコンの修理もキーボード交換が必要です。

簡単に言えばキーボード自体のパターン切れ・回路異常でキー接点が入らない為に発生する故障。
このようなノートパソコンはキーボードの交換修理をご検討ください。

逆にキー接点が勝手に入ってしまうトラブルの場合は?

  • 文章作成中に勝手に押していないキーの文字が入力される
  • パソコン起動時にビープ音が鳴りっぱなしになり起動出来ない
  • ピーピーピーと言う音が鳴り続ける
  • Windowsの起動が普段より遅い

などの現象が考えられます。
キーボード自体の故障でキーが押しっぱなしになるノートパソコンはキーボードの交換修理が必要です。
メモ帳を開いて確認してみると同じ文字が続けて入力されるなどの状態になると思います。

キーボードのキー入力誤作動

キーボードの故障でメモ帳を開くと勝手に文字が入力される

パソコン起動時のビープ音鳴りっぱなし現象も同じくキー接点が入ったままになる為です。
Windowsの起動が遅いのも同じくキー指令が常時入り邪魔をする為に動作が遅くなってしまうと考えられます。
尚、このキーが勝手に入ってしまうキーボードの故障。
入り続けている状態で何か別のキーを押すと止まる場合もありますが、また発生します。

故障原因の切り分けはノートパソコンからキーボードを外した状態で再び症状が発生するのかしないのかで確認します。
これらの症状のノートパソコンはキーボードの故障である可能性が高いですのでキーボードの交換修理をご検討ください。

ノートパソコンの修理で使用するキーボード交換用部品

キーボードの故障でノートパソコンを修理する際に使用するキーボードの交換部品

コーヒーやジュースなど飲み物をキーボード周りにこぼしてしまった場合
誤ってキーボード上に飲み物をこぼしてしまったノートパソコンは、直ちにシャットダウン・電源を落としてACアダプタとバッテリーを外して水気を拭き取れるだけ拭き取ってください。
ノートパソコンのキーボード上に飲み物をこぼした場合は基本的にダメですのでキーボードを交換しなければなりません。
たとえその時点で大丈夫でも内部に浸透した部分が腐食して異常をきたすリスクが高いです。
こぼした量にもよりますが、キーボードの下にあるマザーボードの基板にまで浸透してしまった場合は大変です。

飲み物をこぼした場合は早めの処置が重要
すぐさまノートパソコンを分解して洗浄しないと基板・ロジックIC・抵抗・コンデンサ・ダイオード・レギュレータ等半導体などが腐食し回路が故障して電源が入らなくなったり電源が落ちたりとマザーボードまで故障します。
このように飲み物をキーボードにこぼしてしまった場合は、そのまま放置して置くとマザーボードや内部パーツまで壊れる恐れがございますのでキーボードの交換だけでは済まなくなります。

過去にそのままパソコンを使用し続けたお客様で電源が入らなくなりキーボード交換+マザーボード交換まで行ったノートパソコンの修理事例もございます。
飲み物をこぼした後もパソコンが動くからと処置を怠ると痛い目にあいますので早めの修理をお勧めします。

キートップ部が取れてしまった場合
その取れた原因が破損なのであれば、そのキートップだけの修理は出来ない為、例えキートップ1箇所の破損であってもキーボード丸ごと交換での修理となってしまいます。
キートップが単に外れただけなのであれば、はめ込みで対応する事は可能です。
(キー部分の破損で取れたのではなく単に外れただけの場合)

ノートパソコンのキーボードを交換している様子

ノートパソコンのキーボード交換修理

ノートパソコンのキーボード部分解

ノートパソコンのキーボードはフレキシブルケーブルがマザーボードのコネクタへ接続されていますので強引に外そうとするとマザーボードのコネクタまで痛めてしまいます。
パソコンの機種によってはネジで固定している部分の他に粘着テープで止まっているものもございますのでノートパソコンのキーボードを交換する際には慎重に確認しながら故障しているキーボードを取り外します。
新しいキーボードも取り付ける際には慎重にコネクタにはめ込み接続します。
キーボード交換の際に分解した箇所を元通りに組み戻してノートパソコンを起動させて誤作動していたキーや効かなかったキー入力・反応を確認し正常にキー入力が確認出来ればキーボードの修理は完了です。

キーボードが効かない場合のその他の原因

ノートパソコンのキーボードはマザーボードと言うメインの基板に接続されております。
よってその不具合がキーボード側の問題でなければ、マザーボード側の問題となってしまいます。 ただ一般的にはキーが効かないキーが勝手に入力されるトラブルはキーボードの故障と考えるのが自然です。
過去に全くキーが効かないと言う症状でマザーボード側の故障だった事例がありましたが非常に稀です。
あとはパソコン起動時の最初の段階ではキー入力が問題なく出来るがしばらく経つとキー入力が出来なくなってしまったり全く異なった箇所のキー入力が反応してしまうノートパソコンなども稀に診る事があります。
これもマザーボード側の故障である可能性が高いです。
キーボードの故障だろうと安易に判断してキーボードを交換してもキー入力の問題が治らなかったと言う事がないように修理をする前にはよく確認しどちら側のハードが問題なのか切り分ける事が重要です。
尚、もしマザーボード側の故障・不具合でキーの入力が出来ない場合はマザーボードを正常な部品に交換すればキー入力のトラブルは改善できます。
マザーボードも部品があれば当店で交換修理を行えます。

ノートパソコンのマザーボード部品

ノートパソコンのマザーボード部品

主なパソコン部品交換修理の一覧


関連情報