キーボード修理

  1. パソコン修理・データ復旧
  2. 宅配パソコン修理
  3. キーボード修理

ノートパソコンのキーボードを修理する

日々キーボードが故障したのでキーボードを修理をしたいとノートパソコンの修理をご相談をいただく事が多くございます。

キーボードを修理したいと言う事は何かキー動作に障害が発生しているから正常に操作できるよう動作を改善したい為、修理のお問合せをいただいていると言う事になります。

当店でのキーボード修理と言うのは正常なキーボードに交換して修理すると言う事です。

キーボード自体を直すわけではないのか?と疑問に思うかもしれません。
しかしノートパソコンのキーボードを修理すると言うのはメーカー修理と同様に正常な部品へ交換する事により機能を改善させキー動作を復旧させると言う事になります。

キーボード自体を修復して復旧させるわけでも壊れたキーそのもの修繕し動作回復させるわけでもございません。

修理の目的

動作改善の目的はいくつかあります。

  • キートップの破損を元通りにくっ付けたい
  • 一部のキーが効かないので効くように改善
  • 複数のキーが反応しない動作の復旧
  • 勝手にキーが入力されるので止めたい
  • 誤ってキーボード上に飲み物を零した後動かなくなった

キーボード修理 ノートパソコンのキー動作の改善

例えばキートップのツメ受けが壊れてキーが外れてしまいキーボードを修理する場合、キートップそのものを正常なパーツへ交換してはめ込めば丸ごと取替えなくても機能を改善する事ができるでしょう。

しかしキートップの部品だけ販売してくれる部品屋さんは通常ありません。
ですのでキートップ不良で直したい場合はユニット丸ごと交換するしかございません。

尚、破損ではなく単にキートップが外れただけなのであれば慎重にカチッとはめ込めば直ります。

効かないキー動作の修復

一部のキーが押しても効かなくなってしまった故障でキーボードを修理したいとお考えのお客様もいらっやると思います。

ノートパソコンは一般的にパンダグラフ式のキーボードです。
内部は数枚の接点シート・フィルムが入っていてマトリクス回路になっています。
キーを押す事によりシリコンキャップが押され双方の接点が入り導通時の抵抗値の変化によってキー入力ができるようになりますが例えば接点シートの経路が一部損傷してパターンが切れてしまった場合、キーを押しても入力が効かなくなってしまいます。

このような反応しないキーを修理する場合、まずノートパソコンを分解してキーボードを取り外し更に100個ぐらいあるキートップを全て取り外します。

更に同じ数のパンダグラフも全て取り外し接点シートを含め別々に剥がしてフィルム単独にしてテスタなどで抵抗値を当たりどこの部分のパターンが切れているのか原因を調べます。

原因を追い込んで不良箇所を特定しその切れている部分を導通ペン・コンダクティブペンなど導通性のある補修剤を用いて電気が流れるように修復しキーの導通を回復させます。

修復が終わったら元通りに組戻して完了動作も復旧です。

このように直せる場合もありますが、実際には色々問題があります。

丸ごと交換でキーボードを修理する理由

キーボード修理を交換で行う理由は簡単に言えば仮にキーボード自体を修復しても直るかどうか判らず動作が改善できたとしても多大な手間がかかりユニット交換の費用より遥かに高くなってしまうからです。

ノートパソコンの修理しか対応していない理由

デスクトップや液晶一体型の場合は内蔵ではなく外付けなので壊れた場合は、直すよりワイヤレスの無線式でもUSBの有線接続でもサードパーティの新しいキーボードを買った方が遥かに安いからです。

直すメリットがないのでノートパソコンのみとなります。
部品が手配できる機種のみ修理を承っております。
キーのトラブル・故障でお困りの際にはぜひお気軽にご相談ください。


関連情報