ファン交換修理(ノートパソコンの冷却ファン交換・異音の修理)

パソコン修理・PC修理 パソコンの故障・トラブルを宅配修理で全国対応!液晶画面の修理やWindowsのパソコン修理が格安

  1. パソコン修理・データ復旧
  2. 宅配パソコン修理
  3. 冷却ファン交換修理

ノートパソコンのファン交換修理(冷却ファンの修理)

ノートパソコンのCPUファン

CPUファンから異音が出ているノートパソコンの修理(ファンの交換)

ノートパソコンの冷却ファン交換修理です。
冷却ファンは主にCPUの発熱を冷却する役目をします。
ヒートシンクに溜まった熱がファンを介してパソコンの外部に排熱するわけですが、この部分に問題があるとファン動作音が異常になりゴリゴリとかガラガラとかうなる様な音などがします。
主に回転の軸ブレでスムーズに回転する事が出来なくなってしまった場合に発生しますが、このような冷却ファンは異常ですので交換修理が必要です。

ファンが正常に回転しないと冷却効率が低下しますので冷却不足でパソコンの動作が遅くなったり、パソコンの電源が落ちたりする場合もあります。

冷却ファンの交換が必要又は交換が必要と思われる症状は

  • ファンから異音がする(うるさい異常音)
  • 突然パソコンの電源が落ちる (CPUが発熱しすぎて保護により電源が切れる)
  • パソコンが熱い(CPU冷却不良)
  • ファンの回る音がしない。
  • ファンエラーが表示される。

などが想定されます。
これらのノートパソコンを修理するには冷却ファンの交換が必要あるいは交換が必要な疑いがあります。

CPUファンの故障・状態を確認

冷却ファンの交換は、まず交換前に回転状況やCPUの温度、異音・異常音の具合などを診てファン自体の故障かどうか判断しなければなりません。
音を聞いたり、CPUに負荷をかけてファンの回転量を増して動作音やCPU温度の上昇具合を診ます。

パソコンの電源を入れた最初から明らかにもの凄くうるさいファンの回転音がするのであれば、正常ではありませんのでファンの故障で確定です。
このようなノートパソコンを修理する場合は冷却ファン交換で静かな本来の動作音に改善させる事ができます。

交換する冷却ファンを選定

冷却ファンを交換するには、まずノートパソコンに搭載されているファンの型番や仕様を確認しなければなりません。

ノートパソコンの冷却ファンは、その機種専用に作られているファンが殆どですので、形状も様々あり互換性が殆どありません。
電圧が何Vで電流はどの位引っ張るのかコネクタの芯数やアサインがどうなっている以前に合うものしか合いません。
冷却ファンなら何でも取り付けられると言うものではありませんので、適合する冷却ファンで交換していきます。

冷却ファンを交換する為に分解

ノートパソコンの裏面カバーの一部を外せば容易にファン交換が行えるものや、裏面ケース全体やキーボード側丸ごと取り外さないとファン交換が出来ないものまでノートパソコンの構造により色々あり交換・修理の方法も様々です。
ノートパソコンによっては、最悪の場合マザーボードまで取り外さないとファン交換が出来ない機種などもあります。

考え方としてはファンを交換する為に必要な箇所は全て分解して故障したファンを取り外し正常なファンを取り付けてパソコンを組み戻すと言う事になります。

冷却ファンの交換修理はお任せください

当店では安価にノートパソコンのCPUファン・冷却ファンの交換修理を行っております。
パソコン本体が異常に熱い・熱すぎてパソコンの電源が切れる・ファンエラーが表示される・うなる様な異音・擦れるような異常音が発生するなど冷却ファンの故障と思われるノートパソコンの修理をご検討されているお客様。
お気軽にご相談ください。
ノートパソコン以外に液晶一体型パソコンの冷却ファン交換修理も承っております。

ファン分解清掃・グリスアップのオーバーホールで異音を改善できる場合もあります。
改善できるかどうかは試してみないと判りませんが、ご希望の場合はファン交換修理を行う前にファンのオーバーホールを試みる事ができます。
ちょっと煩くなってきたな位であれば改善できる可能性がありますのでご希望ありましたら合わせてご相談ください。

ノートパソコンの修理・冷却ファン交換の方法・修理事例

富士通ノートパソコンの冷却ファンを交換する

ファン交換修理前・準備した冷却ファン

ファン交換修理を行うノートパソコン

こちらのパソコンは富士通 FMV LIFEBOOK AH53/RのノートパソコンでWindows8.1搭載の機種です。
ファンの音が非常に大きい。ノートパソコン本体がかなり熱いと言う事でファン交換の修理をご依頼をいただきました。
現状はWindows10になっていました。
Windows8.1でもWindows10でもファンを交換する事自体に関係はありません。

交換前のファン動作を確認

パソコンを起動させてみたところ、もの凄い音でファンが回りました。
本来であればファン交換前に動作音の確認と常時と負荷時のCPUの温度を計測してから交換作業に入るのですが、ファンの音が危険なほど大きくてうるさい音でしたので、あわててそのままシャットダウンさせました。
この状態ではパソコンを動作させるだけでも危険です。

冷却ファン交換作業開始

ノートパソコン本体の裏面カバーを外すと冷却ファンを確認する事ができました。
このようなノートパソコンの構造であれば交換も容易です。
ネジとコネクタを外し冷却ファンを取り外して、同時にエアーでヒートシンク周りのホコリを飛ばします。

故障した冷却ファンを取り外して正常なファンを取り付け

新しい冷却ファン取り付け時の様子

こちらは新しい冷却ファンへ交換した写真です。
ファンを取付けてコネクタを接続してアルミテープも戻しネジで固定します。
その後裏面のカバーも戻して冷却ファンの交換自体は完了です。

冷却ファン交換後の動作確認

ファン交換後に異音改善とCPUの温度を確認

冷却ファン交換後の動作確認

その後Windowsを起動させて冷却ファンの動作音を確認します。
あとCPUの温度も確認して平常時の温度やCPUに負荷をかけた最大温度を確認したり熱上昇に対するファン回転量の追従を確認したりして問題なければノートパソコンの冷却ファン交換修理は完了です。

主なパソコン部品交換修理の一覧