パソコンの異常音がする故障のパソコン修理

異常音が発生するパソコンの修理

パソコンから音がする部分は一般的に常時回転している冷却ファンかハードディスクとなります。
パソコンから明らかに判るような異常音がする場合、普通ではありませんのでパソコンのパーツでどこかが壊れていると考えられます。

通常であればハードディスクから異音が発しているか冷却ファンから異音が発生している可能性が高いと思われます。
パソコン内部から異音がするパソコンは修理が必要です。

ファンから異常音が出ている場合は冷却効率が下がりパソコンに影響を与えますのでファンに対するパソコン修理を行います。
(ファン交換・オーバーホール等)

ハードディスクから発している場合は、windowsが起動出来なかったりパソコンが異常に遅い動作になったりとまともに動けなくなりますのでハードディスクに対するパソコン修理が必要です。
(ハードディスクの交換)

部品が搭載されている箇所に耳を当て音を聞いてみるとどこが壊れているのかある程度判ります。

異常音がするパソコンの原因特定方法

パソコンから異常な音がする部品はファンかハードディスクになりますがどちらから音が出ているのか判らない場合、まずパソコンを修理する前に異常な音の発生源を特定する必要があります。

パソコンから発する異常音は様々な音の種類があります。
主な異常音

  • ゴリゴリとかバキバキとか何処かに擦れているような音
  • ブーンと言ううるさい音が一定の異常音
  • パチン・パッチンとか弾くような音
  • カッコンカッコンとかカツンカツンとか音

異常音の原因を特定するには
パソコン本体に耳を押し当て音を聞く事によりある程度音の発生源を特定できるようになります。
冷却ファン付近からの方が音が大きいとかハードディスク付近からの方が音が大きいなど異常音に対してどちらの方が音が大きいのかである程度推測する事が可能です。
当店ではある程度音の発生の仕方やパソコン動作の状態で耳を澄まさなくても音の発生源を判断できますがファンなのかハードディスクなのかどちらとも取れる微妙な音の場合は聴診器で各デバイスの音を聞き原因を特定する場合もあります。

Windowsは普通に起動するが異常な音がすると言う場合はファンから音が出ている可能性が高いと思われます。
パソコンの電源を入れた後に異音が発生ししばらくすると音が止まりWindows使用中などに再び異音がすると言う場合もファンから音が出ている可能性が高いです。
ファンは温度高さによって回転量を増やしたり減らしたり制御しながら回転するのが一般的です。
パソコンによっては内部温度が低いとファンが止まるパソコンもあります。
ですのでパソコンによっては冷却ファンから音がする場合で異音が出たり出なかったりする症状も有り得ます。
もしハードディスクから異音を発する場合は、Windowsが起動できないとか起動が異常に遅いなどハードディスクの認識不良や異常遅延などパソコンの動作に問題が確認出来るのが一般的です。

明確に異常な音の原因を特定するにはパソコンを分解しファンとハードディスク双方の音を聞いてみるとかハードディスクだけ取り外してそれでも異常な音がするのかなどでどちらが故障しているのか判断する事が可能です。

ハードディスクから異音がするパソコンの修理

ハードディスクから異音がするパソコン
パソコンからカッコンカッコンとかカツンカツンとか音がしたりガラガラガラと音がしたりしてwindowsが起動出来なかったり起動出来てもパソコンの動作が異常に遅い場合はハードディスクから異常音を発していると考えられます。
ハードディスクからこの様な音が出ているパソコンは正常ではありませんのでパソコンの修理が必要です。
その場合はハードディスクの故障ですのでハードディスク交換のパソコン修理となります。

ハードディスクヘッドの異音
カッコン音やカッツン音が繰り返される場合はハードディスクのヘッドが繰り返しデータの読込みを試みている音でデータを読み込めない為に繰り返し異音がハードディスクから出ている状態と推測されます。
この様な異音は恐らくパソコンでハードディスク自体認識出来ていない状態と推測されwindows自体起動出来ないと思います。
ヘッドが故障しているハードディスクを修理する場合は交換が必要です。

ハードディスクからの電子音
あとハードディスクが認識出来ない異常の場合にピーとかブーなどの電子音のような音が発せられるハードディスク故障もあります。
BIOSのBEEP音とはまた違った音です。
比較的珍しいですがハードディスクの故障ですので交換修理が必要です。

ハードディスクのモーター音
またガラガラ音はハードディスクのプラッタを回しているモーター音だと思われます。
モーターの劣化異常でモーター軸がブレてスムーズに回らない為にハードディスクから発している異音と推測されます。
その場合データのアクセス速度も極端に落ちると思われパソコンの動作が異常に遅いと言う状態になると思われます。
酷いものだとWindowsも起動できない場合やハードディスクのモーター音がガラガラと回っている状態からキュッっと音がしてモーターが噛んでしまい回らなくなるハードディスクもあります。
このようなハードディスクは故障ですので交換修理を要します。

ハードディスクのヘッド強制退避音
またwindowsの稼動中に何もしていないのにパチンとかヘッドが強制退避するような弾く音がする場合はハードディスクがあまり良くない状態です。
アクセスがなくなった後しばらくするとヘッドを退避する音はしますが、それとは異なり弾く様に戻るハードディスクは普通ではありません。
このようなハードディスクは交換をお勧め致します。

異音がするハードディスクは交換しないと直らない
以上ハードディスクから異常な音を発するパソコンは普通ではありません。
通常ですとハードディスクの故障と考えられパソコンを修理する場合はハードディスクの交換・取替えをしないと異常な音は直りません。
当店のパソコン修理・ハードディスク交換サービスをご検討ください。

内蔵ファンから異音がするパソコンの修理

Windowsが起動してある程度パソコンは動くのにゴリゴリとかガラガラとか異常な音がするのであればファンから音がしていると思った方が良いでしょう。

ノートパソコンのファン異音
ノートパソコンの場合は通常ですと1つしかファンは付いていません。
CPUファンと言われCPUの熱を外へ逃がす為に冷却するファンが付いています。
CPUのヒートシンクから送られた熱をファンで逃がす訳ですが、ファンから異音がして通常の回転で回らず冷却の効率が落ちるとCPUの発熱に対して放熱・排熱が追いつかずパソコンが熱くなりますのでよくありません。
ファンの消耗劣化でパソコンを購入した時よりちょっと回転音がうるさいかな〜ぐらいであれば良いですが、パソコンから明らかに擦れる音や周りに当たりバキバキなど音がするのであれば、直ちにパソコンの使用を止めてパソコン修理ファン交換修理をお勧めします。

ノートパソコンのファンを修理するには
ノートパソコンのファンは専用の作りになっており互換性がありませんが、ファンの部品が手配できるパソコンは交換修理で対応出来ますしパソコンによってはファンのプロペラ部自体を取り外せるものもありオーバーホール修理で異音を改善しパソコンを延命できるものもございます。
異常な音がしてパソコンの動作が何かおかしいと気が付いた場合は異音改善のパソコン修理をご相談ください。

液晶一体型パソコンのファン異音
液晶一体型パソコンの場合はノートパソコンの様な専用のファンを複数搭載されているタイプが多いです。CPUのヒートシンク一体型ファンであったりオンボードグラフィックのファンであったりパソコンの機種により様々な構成になっています。

液晶一体型のファン修理
まずは分解してどのファンから異音がするのか確認する必要があります。
特定できたファンに対して部品の手配が可能であれば交換修理又はプロペラ部が脱着可能であれば分解清掃グリスアップのオーバーホール修理で修復改善できる可能性もあります。

デスクトップパソコンのファン異音
デスクトップの場合はノートパソコンとは異なりCPUファンの他に電源ユニットのファンなど複数のファンが搭載されています。
タワー型やミニタワー型などパソコンのタイプによってはケースファンも付いていたりグラフィックボードが別に付いている場合はグラフィックボード自体にも冷却ファンが付いているパソコンもあります。
デスクトップのファン修理
ファンから異音が発生している場合はどこのファンから音がしているのか特定しそのファンに対し修理をするようになります。
部品手配可能な場合はマッチする汎用のファンで交換修理を行います。

総評

音は人それぞれ感じ方感覚様々ですが明らかに判るような異常音が出ているパソコンは正常動作とは言えません。
異音がしてパソコンが動かないのであれば故障で修理が必要ですし例え動くのであってもどこかに問題があると思った方が自然です。
安心して使う為にも早めの対処修理をお勧めします。

関連作業
ハードディスク・HDD交換
CPUファン修理・交換
関連情報
ハードディスクが認識しない。
Windowsが起動しない。
パソコンの動作が異常に遅い。