CF-J10 HDD交換 SSD換装

  1. パソコン修理・データ復旧
  2. ハードディスク・HDD交換
  3. パナソニック レッツノート
  4. CF-J10

CF-J10のハードディスク交換

CF-J10のハードディスクを交換するには、まずパソコンを分解してHDDを取り外す必要があります。

故障の疑いがあるHDDを交換する場合は診断ツール等でHDDの異常やセクタの状態を確認して交換を要するのか判断してから作業を行います。
壊れている場合はHDD交換の修理です。

バッテリーを外してドライバーでネジを外してHDDの固定ブラケットを外します。
HDDをベイから引っ張り出してフィルムケーブルのコネクタ接続を外せばパソコン本体との分離完了です。

修理であればそのまま正常なHDDを押し込み取り付けます。
CF-J10をSSDへ取り替えて高速化したいなどの場合はSSDへ換装も可能です。
HDDからそのままHDDに交換するかHDDからSSDへ変えたりHDDからハイブリッドのSSHDへ取り替えるか標準のHDDに限らずSSDやSSHDなど別の内部ストレージへ入れ替える事もできます。

容量アップなど故障じゃない換装であれば組み込む前にクローン作成で複製を作ってからHDDを取り付けます。
あとは逆の方法で組み戻せばHDD交換作業は終了です。

クローン換装の場合はそのままWindowsが立ち上がります。
あとはパーティション調整でCドライブに増量分を結合させ空き領域を拡張すればCドライブの空き容量を増やす事ができます。
大容量のHDDへ交換すればフォーマット形式やクラスタサイズは基本的に変わらずにボリュームのリサイズで領域だけを広げる事ができます。

修理でHDD交換の場合はデータが入ってないのでそのまま立ち上がりません。
通常はリカバリディスクからリカバリインストールして工場出荷時相当のOSを復元させます。
尚、Windows単体の導入も可能ですが未認識デバイスのセットアップも必要です。
Windowsの起動・再起動・終了の動作確認をもって作業完了となります。