dynabook REGZA PC D711 HDD交換 東芝液晶一体型パソコン修理

  1. TOP
  2. ハードディスク・HDD交換
  3. 東芝dynabook
  4. REGZA PC
  5. D711

ハードディスク交換サービス 東芝dynabook一体型パソコン

東芝dynabook一体型 REGZA PC D711のHDD交換 内蔵ドライブ故障の東芝D711修理・ハードディスクのお取替えは当店へご相談ください。

ハードディスクが壊れてしまった。
パソコンを修理したいが東芝のメーカー修理だと高すぎて何とか安くハードディスクを取替えて修理出来ないものかとお困りのお客様。
当店ではハードディスク故障の東芝PCをメーカーより安く修理!
内蔵ドライブ交換修理を行っております。

こちらの機種は分解が非常に難しくネジを外してもカバーが外れずに内蔵HDDを取り外す事が困難なパソコンです。
内蔵HDDを入れ替えしようと分解を試されて取り外しできず断念して当店へご依頼いただくお客様もいらっしゃいます。

現状でパソコンは問題なく動くがハードディスクの空き容量が少ないとお困りのお客様。
当店では東芝とは異なり容量の大きいHDDに入れ替えてアップグレード換装も行っております。
データを消さずにHDDを取り替えて容量アップ・Cドライブを増やす事が可能です。
データ環境を丸ごと移行・HDDコピーして入れ替えて換装しても今までのWindows環境変わらずパソコンを使用する事ができます。

HDDの他にREGZA PC D711のSSD換装も承っております。
SSDは容量が小さく高価になりますがHDDのようにヘッドやモーターがありませんので故障にしくくメモリでデータアクセスする為、SSDへ換装する事によりドライブのデータの読み書きが高速になりパソコンの動作が速くなります。

またその他東芝パソコンの部品交換・分解修理・修復作業・データ復旧・ファイル救出など承っておりますのでトラブルや故障の際はお気軽にご相談ください。

下記記載のパソコンは過去に東芝で発売されたdynabook 一体型PC REGZA D711シリーズの一部となっております。
すべての東芝製パソコンでハードディスクの取替えが出来る事を保証する機種ではございませんので内蔵ドライブの故障でHDDの修理又はアップグレード換装をご依頼の際にはお問合せにてご確認お願い致します。

その他の関連リンク

東芝 dynabook REGZA 内蔵ドライブ故障のパソコン修理

dynabook REGZA PC D711/T3D HDD交換参考機種
東芝モデル パソコン型番 HDD容量 接続I/F プラッタ
回転数
搭載OS
D711/T3DW PD711T3DSFW 1TB SATA 7200rpm Windows7
D711/T3DB PD711T3DSFB 1TB SATA 7200rpm Windows7

東芝dynabook REGZA PC D711/T3Dその他の仕様

パソコンタイプ
液晶一体型AV PC
ハードディスク
Dドライブ NTFS 容量 約53GB
システム回復オプション領域 約2GB
リカバリー領域 約15GB
残りの容量 Cドライブ NTFS
プレインストールOS
Windows 7 Home Premium 64ビット Service Pack 1
メモリ
標準 4GB(2GB×2)/ 最大8GB
PC3-10600(DDR3-1333)対応 SDRAM デュアルチャネル対応
メモリ専用スロット 2スロット(空きスロット×0)
液晶パネル
21.5型ワイド(16:9) FHD TFTカラー Clear SuperView液晶パネル
パネル解像度 1,920×1,080ドット
光学ドライブ
DVDスーパーマルチドライブ(DVD±R 2層書き込み対応)
ブリッジメディアスロット
SDメモリカード SDHCメモリカード SDXCメモリカード
xD-ピクチャーカード マルチメディアカード
メモリースティック メモリースティックPRO
リカバリディスク作成ソフト
TOSHIBA Recovery Media Creator
発売時期
2011年9月モデル
dynabook REGZA PC D711/T3E HDD交換参考機種
東芝モデル パソコン型番 HDD容量 接続I/F プラッタ
回転数
搭載OS
D711/T3EW PD711T3ESFW 750GB SATA 5400rpm Windows7
D711/T3EB PD711T3ESFB 750GB SATA 5400rpm Windows7

東芝dynabook REGZA PC D711/T3Eその他の仕様

パソコンタイプ
液晶一体型AV PC
ハードディスク
Dドライブ NTFS 容量 約53GB
システム回復オプション領域 約2GB
リカバリー領域 約20GB
残りの容量 Cドライブ NTFS
プレインストールOS
Windows 7 Home Premium 64ビット Service Pack 1
メモリ
標準 4GB(2GB×2)/ 最大8GB
PC3-10600(DDR3-1333)対応 SDRAM デュアルチャネル対応
メモリ専用スロット 2スロット(空きスロット×0)
液晶パネル
21.5型ワイド(16:9) FHD TFTカラー Clear SuperView LED液晶パネル
(省電力LEDバックライト) パネル解像度 1,920×1,080ドット
光学ドライブ
DVDスーパーマルチドライブ(DVD±R 2層書き込み対応)
ブリッジメディアスロット
SDメモリカード SDHCメモリカード SDXCメモリカード
xD-ピクチャーカード マルチメディアカード
メモリースティック メモリースティックPRO
リカバリディスク作成ソフト
TOSHIBA Recovery Media Creator
発売時期
2012年2月モデル

東芝一体型パソコンdynabook REGZA PC D711のデータ復旧・ファイル救出も対応

パソコンが壊れて起動しなくなってしまった。
大切なデータやデジカメで撮影した写真データ・画像ファイルやビデオカメラで撮った思い出の映像データ・動画ファイル自分で作成したファイルなど沢山のデータをパソコンに保存していたのにハードディスクが壊れてしまって何とかならないものかとお困りのお客様。
ハードディスクが壊れて起動しなくなったパソコンでも必要なデータを復元・復旧し必要なデータを救出大事なファイルを取り出せる可能性はございます。
データ復旧は通常高額な料金がかかりますが当店では格安にてデータ復旧・ファイル救出を承っております。
その他消えたフォルダ・ファイルの復元・エラーで開けないフォルダからデータの取り出しなども行っております。
東芝dynabookのデータ復旧・ファイル救出でお困りの際にはお気軽にご相談ください。